デトロイト海山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯51度28.80分 東経167度36分 / 北緯51.48000度 東経167.600度 / 51.48000; 167.600

デトロイト海山
Image
北太平洋海底の地形図。デトロイト海山はハワイ-天皇海山列の頂上付近。
北太平洋海底の地形図。デトロイト海山はハワイ-天皇海山列の頂上付近。
頂上深度 1,550 m (5,085 ft)[1]
所在地
所在地 北西太平洋ロシア付近
所属 ハワイ-天皇海山列
座標 北緯51度28.80分 東経167度36分 / 北緯51.48000度 東経167.600度 / 51.48000; 167.600[2]
地質
種別 ギヨー
火山/ ハワイ-天皇海山列
形成時期 形成年代は8,100~7,600万年前[1][3]。 8,100万年前までに山体が形成[4]。7,800万年前付近で火山活動が沈静化、6,000万年前に新たな火山活動[1]
歴史
初探検 GLORIA program, USGS[1]

デトロイト海山(でとろいとかいざん、Detroit Seamount)は、北太平洋アリューシャン列島南方沖にある海山天皇海山群に属する。およそ7600万年前に形成されたと考えられる海山で、天皇海山群の中では、もっとも古い海山の一つ。海山最頂部は、海面下1550m付近に存在する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Seismic stratigraphy of Detroit Seamount, Hawaiian–Emperor Seamount chain (PDF)”. Stanford University (2005年7月12日). doi:10.1029/2004GC000705. 2009年4月3日閲覧。
  2. ^ Seamounts Catalog by EarthRef, a National Science Foundation Project accessed 3-1-09.
  3. ^ DRILLING STRATEGY”. Ocean Drilling Program. 2009年4月4日閲覧。
  4. ^ Regelous, M.; Hofmann, A.W.; Abouchami, W.; Galer, S.J.G. (2003). “Geochemistry of Lavas from the Emperor Seamounts, and the Geochemical Evolution of Hawaiian Magmatism from 85 to 42 Ma”. Journal of Petrology 44 (1): 113–140. doi:10.1093/petrology/44.1.113. http://www.gzn.uni-erlangen.de/fileadmin/data/kruste/mitarbeiter/Marcel/JPET2003.pdf 2010年7月23日閲覧。. 

関連項目[編集]