コハラ山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コハラ山地(海抜1,637m)をマウナ・ケア山から遠望する。
ハワイ島を形成する5つの楯状火山

コハラ山地(コハラさんち、英語: Kohala Mountains)はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島にある死火山で、最高地点は海抜1,637メートル。 [1] 島の西北端にあり、近くの町は島の最西北端にあるハヴィ(Hawi)。

ハワイ島を作り上げた5つのおもな楯状火山のひとつであり、他はマウナ・ロア山マウナ・ケア山キラウェア火山フアラライ山である。これらの火山のうち最も古いもので、風雨によつ浸食も最も進んでいて、いくつかの深い谷がある。最近の噴火は約12万年前と考えられている[2]

近年、ハワイ島の西海岸の観光リゾート(ワイコロアビーチ Waikoloa Beach など)の開発が進んでおり、そこから手近なハイキングコースとして、多くの観光客も訪れるようになった。 [3] ここへ行く途中の州道19号線では冬季に鯨の群れを見ることもあり、またコハラ山地の北海岸にはワイピオ渓谷ポロルー渓谷Pololū Valley)などがある。

関連項目[編集]

参照[編集]