光孝海山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光孝海山
EmperorSeamounts.jpg
北太平洋海底の地形図。最上部に光孝海山を含む天皇海山群がある。
頂上深度 約301 m (988 ft)
所在地
所在地 北太平洋、カムチャツカ半島
座標 北緯35度15分 東経171度35分 / 北緯35.250度 東経171.583度 / 35.250; 171.583座標: 北緯35度15分 東経171度35分 / 北緯35.250度 東経171.583度 / 35.250; 171.583
地質
種別 平頂海山
火山/ 天皇海山群
形成時期 4800万年前

光孝海山(こうこうかいざん)とは、北太平洋天皇海山群に位置する海山。約4800万年前に形成されたとされ、その頂上は海面下301mである。

概要[編集]

この海山は1972年に、トーマス・デイビス光孝天皇の名前を取って命名された。形状としては細長い平頂海山であり、深海平原からは5000m程の高さを有す。

この海山の調査は国際深海掘削計画によって行われ、北西部から枕状溶岩が採掘され、4000万年前の物まで発見されている。溶岩に限らなければ5260万年前の岩も発見されている。また、頂上は炭酸カルシウム泥岩等で構成されている。また、始新世初期の頃の物と思しき微化石も発掘される。

また、この場所の太平洋プレートの深さは9km程度と推測されている。

関連項目[編集]