デスオキシコルチコステロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デスオキシコルチコステロン
11-Deoxycorticosterone.svg
別名 11-デオキシコルチコステロン
分子式 C21H30O4
分子量 330.461
CAS登録番号 [64-85-7]

デスオキシコルチコステロン(Desoxycorticosterone、11-デオキシコルチコステロン)は、副腎網状帯束状帯から分泌される鉱質コルチコイドである。

生合成[編集]

ミトコンドリア細胞質基質において、小胞体酵素によりプレグネノロンからアンドロゲン、11-デオキシコルチコステロン、11-デオキシコルチゾールのうちのどれかに転化される。11-デスオキシコルチコステロンは11-デオキシコルチゾールを経てミトコンドリアに再び入り、酵素によって鉱質コルチコイドと糖質コルチコイドに変換される。

存在[編集]

デスオキシコルチコステロンは通常、酢酸塩(酢酸デスオキシコルチコステロン、DOCA)とピバル酸塩(ピバル酸デスオキシコルチコステロン)の2つの形状で確認されている。

臨床[編集]

デスオキシコルチコステロンの酢酸塩とピバル酸塩は、慢性原発性副腎皮質機能低下症の代替療法に使われる。

なお、ピバル酸デスオキシコルチコステロンは獣医が使う薬品としてノバルティス社からPercoten®という名称で販売されている。

関連項目[編集]