コルチコステロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コルチコステロン
コルチコステロンの構造式
分子式 C21H30O4
分子量 346.461
CAS登録番号 [50-22-6]

コルチコステロン (corticosterone) は、副腎皮質で合成される副腎皮質ホルモンのうち、21炭素ステロイド系ホルモンである。

機能[編集]

齧歯動物を含む多くの種の中で、コルチコステロンは主要な糖質コルチコイドであり、新陳代謝の制御、免疫反応などに関わっている。

ヒトでは、コルチコステロンは主に副腎皮質球状帯で合成される。しかし、ヒトにとって活性が弱い。コルチコステロンは、ステロイド生成系プレグネノロンからアルドステロンへの反応課程の中間生成物として重要である。

生合成[編集]

ステロイド生成系

関連項目[編集]

外部リンク[編集]