テネシー級装甲巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テネシー級装甲巡洋艦
USS Washington (ACR-11)
艦級概観
艦種 装甲巡洋艦
艦名 州名
前級 ペンシルベニア級装甲巡洋艦
次級
性能諸元
排水量 常備:14,500 英トン (14,733 仏トン)
満載:15,712 英トン (15.964 仏トン)
全長 504.4 ft(153.8 m)
全幅 72.8 ft(22.2 m)
吃水 25 ft(7.6 m)
機関 バブコック・アンド・ウィルコックス式石炭専焼水管缶16基
+3段膨張式レシプロ機関2基2軸推進
最大出力 23,000hp
最大速力 22ノット (41 km/h)
航続距離 -/-海里
燃料 石炭:900~1,975トン
乗員 856名
兵装 Mark 3 25.4 cm(40口径)連装砲2基
15.2 cm(50口径)単装砲16基
76 mm(50口径)単装砲22基
47 mm単装機砲12基
37 mm単装機砲4基
53.3cm水中魚雷発射管単装4基
装甲 舷側:127mm
甲板:38mm(水平面)、102mm(傾斜部)
主砲塔:229mm(前盾)
司令塔:229mm

テネシー級装甲巡洋艦(テネシーきゅうそうこうじゅんようかん Tennessee class armored cruisers)は、アメリカ海軍が建造した装甲巡洋艦の艦級。4隻が建造され、1904年から1908年にかけて就役した。

同型艦[編集]

  • テネシー (USS Tennessee, ACR-10):1916年、メンフィス(USS Memphis)に改名後、事故により喪失
  • ワシントン (USS Washington, ACR-11):1916年、シアトル (USS Seattle)に改名。1920年、重巡洋艦・CA-11に類別変更
  • ノースカロライナ (USS North Carolina, ACR-12):1920年、シャーロット(USS Charlotte, CA-12)に改名・類別変更
  • モンタナ (USS Montana, ACR-13):1920年、ミズーラ (USS Missoula, CA-13)に改名・類別変更

関連項目[編集]

参考図書[編集]

  • 「世界の艦船増刊第36集 アメリカ巡洋艦史」(海人社)

外部リンク[編集]