ティーボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

TiVo(ティーボ、ティーボゥ)とは、内蔵のハードディスクにテレビ放送を録画する家庭用ビデオレコーダの名前、もしくはそれを開発したデジタルビデオレコーダ企業の名前である。有料で番組表提供しユーザーの予約による録画の他、ユーザーの好みそうな番組を自動的に学習して録画する。

概要[編集]

TiVoは2006年初頭に日本市場に参入する予定とされていたが2010年1月現在もなおサービスは開始されていないが、アメリカの他に、ニュージーランド、カナダ、メキシコ、オーストラリア、台湾、イギリスに参入している。日本ではEPGとして無料で提供されHDDレコーダーに標準装備されているサービスであるため、毎月の料金を徴収するビジネスモデルは成立が難しい。Tivo DVRはお気に入りのテレビ番組を逃さないSeason Passの録画ようにスケジュールをプログラムする電子テレビを提供する:WishList検索はユーザーにタイトル、出演者、ディレクター、カテゴリ、キーワードで視聴者の興味に一致する番組を探し録画することを可能にする。TiVoは、TiVo DVRをホームネットワークに繋げると、映画とテレビ番組のダウンロード、発展した検索、個人写真閲覧、音楽提供、オンラインスケジュールを含むサービスを提供する。

ティーボとはハードウェア自体を指す場合と、運営会社TiVo Inc.、ティーボサービスというティーボの通信サービスを指す場合が有る。TiVo Inc.はシリコングラフィックス社、タイムワーナー系のフルサービスネットワークデジタルビデオシステム社出身者によって設立された。

アメリカではTiVoが 「Would you TiVo Star Trek for me tonight?」の様に動詞として使われるほどテレビ録画を代表する商品となった(「クリネックス」や「ホッチキス」「バンドエイド」などと同様)。しかしティーボは登録商標から外れる事を避けるため動詞としての使用を抑制するよう働きかけている。

ティーボはLinuxをソフトベースとしたTiVo ソフトウェアと会員向けダイアルアップサービスを提供しており、ハードウェア自体はソニーフィリップスがティーボのライセンスを受けて相手先ブランドによる生産により供給している。ティーボはPowerPCまたはMIPSプロセッサーと、MPEG-2エンコード、デコードチップと、ハードディスクにより構成される。 また東芝パイオニアDVD-Rを内蔵した機種を発売している。ただしアメリカでは光ディスク媒体に記録して個人のライブラリを作るという文化がほとんどなく、DVD-R付きモデルは普及はしていない。

アメリカではティーボのユーザ数は2006年の4百万人余りをピークに下降しており、2011年現在では2百万人台になっている。理由は、アメリカではせいぜい十数局のローカル局しか受信できない無料の地上波を受信して視聴する世帯より、数百チャンネル視聴できる衛星放送ケーブルテレビなどを受信する世帯の方が、特にDVR(Digital Video Recorder)を導入するような経済的に余裕のある階層では圧倒的に多く、衛星放送やケーブルテレビの契約に月$10程度の追加料金でDVRをバンドルして貸し出すことが一般的になったためと考えられる。レンタルであれば故障した時には無償で完動品と交換してもらえ(ただし録画したファイルは機器固有の鍵で暗号化されているので機器を交換すると再生不能になる)、ハードウェアを購入する初期投資も不要であり、所有にこだわらず一括先払いよりも繰延後払いを好むアメリカ人の金銭感覚にも適合している。ティーボも一時はディレクTVと提携したモデルを販売していたが、2011年現在提携は解消されている(ただし2011年末になり提携復活の予告がある)。同様の理由で、アメリカでは日本で一般的な大手家電メーカの「HDD付きBD録画機」のような商品市場も皆無である。

TiVo ToGo (ティーボトゥーゴー)[編集]

ティーボのレコーダーからウィンドウズパソコン携帯端末に映像を転送するサービス[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ TiVo ToGo

外部リンク[編集]