チュクチ半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
極東シベリアにおけるチュクチ半島の位置

チュクチ半島(チュクチはんとう、ロシア語: Чукотский полуостров, Cukotskij Poluostrov)は、およそ北緯66度、西経172度にあって、アジアの北東の極地、ユーラシア大陸の最東端の半島である。チュコト半島ともいう[1]。東端はウエレン (Uelen) 近くにあるデジニョフ岬である。北にはチュクチ海、南にはベーリング海、東にはベーリング海峡を接する。ベーリング海峡を挟んで対岸はアメリカ合衆国アラスカ州スワード半島がある。

ロシアチュクチ自治管区に属する。チュクチの人々やエスキモーのユピク族、シレニキ・エスキモー、コリャーク人、チュヴァン、エヴェン、ユカギール、ロシア人の植民者などが住んでいる。

チュクチ半島は北極海航路および北西航路沿いに位置している。

チュクチ半島の産業としては鉱業スズ亜鉛石炭)、狩猟トナカイ牧畜釣りなどである。

関連文献[編集]

  • Aĭnana, L., and Richard L. Bland. Umiak the traditional skin boat of the coast dwellers of the Chukchi Peninsula : compiled in the communities of Provideniya and Sireniki, Chukotka Autonomous Region, Russia 1997-2000. Anchorage: U.S. Dept. of the Interior, National Park Service, 2003.
  • Dinesman, Lev Georgievich. Secular dynamics of coastal zone ecosystems of the northeastern Chukchi Peninsula Chukotka : cultural layers and natural depositions from the last millennia. Tübingen [Germany]: Mo Vince, 1999. ISBN 3934400035
  • Dikov, Nikolaĭ Nikolaevich. Asia at the Juncture with America in Antiquity The Stone Age of the Chukchi Peninsula. St. Petersburg: "Nauka", 1993.
  • Portenko, L. A., and Douglas Siegel-Causey. Birds of the Chukchi Peninsula and Wrangel Island = Ptitsy Chukotskogo Poluostrova I Ostrova Vrangelya. New Delhi: Published for the Smithsonian Institution and the National Science Foundation, Washington, D.C., by Amerind, 1981.

座標: 北緯66度00分 西経172度00分 / 北緯66.000度 西経172.000度 / 66.000; -172.000

出典[編集]

  1. ^ 例:「考古学資料における交流の読み方」脚注