デジニョフ岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベーリング海峡。右がプリンスオブウェールズ岬、左がデジニョフ岬
デジニョフ岬に建つ碑

デジニョフ岬(デジニョフみさき、ロシア語: мыс Дежнёва, Mys Dezhnjova)とはロシアチュクチ半島にあるアジアの最東端であると同時に、ユーラシア大陸の最東端でもある。位置は、北緯66度01分、西経169度43分。

地理[編集]

ベーリング海峡を挟んで反対側はアラスカプリンスオブウェールズ岬で、二つの岬の間の距離は82km。中間に、ダイオミード諸島アメリカ合衆国領のリトルダイオミード島とロシア領のビッグダイオミード島)が浮かぶ。 トルコアナトリア西端に位置するババ岬がアジアの最西端で、そこまでの距離は10,050kmある。また、ポルトガルに位置するロカ岬がユーラシア大陸の最西端である。

気候[編集]

年間を通して、空気が乾燥して寒い。冬はとても寒く温度は-40度、夏でも8度ととても低温な土地である。

生物[編集]

この地域では、セイウチアザラシコククジラシャチが見られる。


歴史[編集]

名前は1648年に岬を発見したセミョン・デジニョフにちなんでつけられた。 1778年、イギリスのジェームズ·クックは東ケープの名前で呼んでいた。 1879年 スウェーデンの極地探検家アドルフ・エリク・ノルデンショルドは発見者の名前でそれを呼び出すことを提案した。 発見から250周年の前夜にその提案が受け入れられロシア地理学協会によって1898年正式にデジニョフ岬となった。


19世紀後半から20世紀の間、アメリカなどの国と貿易を行っており、捕鯨毛皮などの商業が栄えていた。

座標: 北緯66度01分 西経169度43分 / 北緯66.017度 西経169.717度 / 66.017; -169.717