チャールズ・ルーカス (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ルーカス
Charles Lucas
基本情報
出生 1808年7月28日
イングランドの旗 イングランド ソールズベリー
死没 1869年3月23日(満60歳没)
ジャンル クラシック
職業 チェリスト指揮者作曲家

チャールズ・ルーカスCharles Lucas 1808年7月28日 - 1869年3月23日)は、イングランドチェリスト指揮者作曲家、出版者。

ルーカスはソールズベリーに生まれた。彼の最初の音楽教育はソールズベリー大聖堂英語版の聖歌隊として受けたものだった。その後、ロンドンに新たに設立された王立音楽アカデミーに入学し、名高いチェリストのロバート・リンドレーの薫陶を受けた。1830年アデレード妃の作曲家、チェリストに選任され、またウィンザー城内セント・ジョージ・チャペル[注 1]オルガニストとなった。1832年には王立音楽アカデミー管弦楽団の指揮者に任ぜられ、1859年からはチプリアーニ・ポッターを引き継いでアカデミーの学長に就任した。同年から1866年まで王立音楽アカデミーの学長を務め、彼の後任はロイヤル・フィルハーモニック協会で近しい関係にあったウィリアム・スタンデール・ベネットとなった。また、彼は師であるリンドレーの跡を継いでロイヤル・オペラ・ハウスの第一チェリストを務めている。

ルーカスの3番目の娘のゾー(Zoe)は、コーンウォール作家Walter Hawken Tregellasと結婚した。

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:ウィンザー城内、エリザベス女王の主要な居住地一つに隣接する教会。ガーター勲章の叙勲式典が行われる場所。(St George's Chapel

参考文献[編集]

外部リンク[編集]