チャン・チャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 南緯8度6分40秒 西経79度04分32秒 / 南緯8.11111度 西経79.07556度 / -8.11111; -79.07556

世界遺産 チャンチャン遺跡地帯
ペルー
チャンチャン遺跡の壁画
チャンチャン遺跡の壁画
英名 Chan Chan Archaelogical Zone
仏名 Zone archéologique de Chan Chan
登録区分 文化遺産
登録基準 (1), (3)
登録年 1986年
備考 危機遺産(1986年 - )
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

チャン・チャン(ラテン文字表記:Chan Chan、ムチク語:Jang-Jang)は、ペルー共和国北西部にある遺跡チムー文明の首都で、チャンチャンとは「輝ける太陽」の意。

1986年世界遺産に登録された、南米最大の古代都市。太平洋岸に位置する。

主な遺構[編集]

建物の壁は日干し煉瓦で作られており、部屋どうしの仕切りは、砂漠地帯特有の暑さを和らげる目的で、風通しの良い網目状になっている。

シウダデラ[編集]

王の宮殿。一人の王のために一つのシウダデラが作られ、敷地内には9つある。シウダデラの最奥は王の墓となっている。

公開されているものの一つは、高さ 10 m、底辺 7 m のアドベ)の城壁で囲まれており、入り口は 2 m ほどの狭い通路の一箇所のみ。城壁の内側には、約 6000 平方メートル(サッカーコートとほぼ同じ)の広場を持つ。

アウディエンシア[編集]

シウダデラ内で、王への貢物を献上するための場所といわれる。

部屋ごとに異なるレリーフによって装飾がなされており、それぞれのレリーフは貢物の種類を表し、貢物の種類によって部屋を使い分けていたと考えられている。

灌漑用水路[編集]

全長 74 km、幅 10 m の灌漑用水路(カナール)跡。アンデス山脈の雪解け水を農地へ導いた。

チャン・チャンの風景[編集]

シウダデラの壁の内側

外部リンク[編集]