チャンドレーシャ・デ・ケイシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chandrexa de Queixa

{{{市章説明}}}

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Provincia de Ourense - Bandera.svg オウレンセ県
コマルカ テーラ・デ・トリーベス
司法管轄区 ア・ポブラ・デ・トリーベス
面積 171.8km² [1]|171.8km² [1] km²
標高 997m
人口 619人(2,011年) 人 ()
人口密度 3.6人/km² [1] 人/km²
自治体首長 フランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス
PP
Chandrexa de Queixaの位置
Chandrexa de Queixa
スペイン内のチャンドレーシャ・デ・ケイシャの位置
Chandrexa de Queixaの位置
Chandrexa de Queixa
オウレンセ県内のチャンドレーシャ・デ・ケイシャの位置

北緯42度14分25秒 西経7度25分34秒 / 北緯42.24028度 西経7.42611度 / 42.24028; -7.42611

Situacion Chandrexa de Queixa.PNG

チャンドレーシャ・デ・ケイシャChandrexa de Queixa)は、スペインガリシア州オウレンセ県の自治体、コマルカ・ダ・テーラ・デ・トリーベスに属し、またリベイラ・サクラ地区を構成する。ガリシア統計局によると、2011年の人口は619人(2010年:639人、2009年:679人、2004年:830人、2003年:854人)である[1]カスティーリャ語表記はChandreja de Queija(チャンドレッハ・デ・ケイハ)。

ガリシア語話者の自治体住民に占める割合は97.22%(2001年)。

地理[編集]

チャンドレーシャ・デ・ケイシャはオウレンセ県の北東部に位置し、コマルカ・ダ・テーラ・デ・トリーベスに属する。北はカストロ・カルデーラスサン・ショアン・デ・リオと、東はア・ポブラ・デ・トリーベスマンサネーダと、南はビラリーニョ・デ・コンソラサと、西はモンテデラーモの各自治体と接する[2]

オウレンセ中央山地に位置し、レケイショ川、デオレージェ川、ケイシャ川、ナベア川の支流などが長れている。標高1,000mから1,200mの間に35の集落がある。チャンドレーシャ・デ・ケイシャから6kmの地点にカベサ・デ・マンサネーダ・スキー場がある。

チャンドレーシャ・デ・ケイシャはア・ポブラ・デ・トリーベス司法管轄区に属す[3]

人口[編集]

チャンドレーシャ・デ・ケイシャの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5]

歴史[編集]

自治体内で発見された最初の人類の痕跡は、ローマ時代のもので、ブラカラ・アウグスタ(現ブラガ)とアストゥリカ・アウグスタ(現アストルガ)を結ぶローマ街道(18号線、新道とも呼ばれた)がチャンドレーシャ・デ・ケイシャを通っている。 ローマ教皇アレクサンデル3世は1163年の教皇勅書の中で、ビラールの管轄区域について、モンテデラーモ修道院の領域部分であると、言及している。同修道院の書庫には、貴族たちによる、同修道院への譲渡および寄贈についての多くの証書が保管されている。

1580年、スペイン王フェリーペ2世はモンテデラーモ修道院のビラール区域を廃止する代わりに、住民に393ファネーガスのパンを同修道院に納めるよう命じた。

自治体としてのチャンドレーシャ・デ・ケイシャの創設は1835年7月23日の王令にさかのぼり、首長の執務所はさまざまであったが、自治体内で最も重要な地区は一貫してチャンドレーシャ地区であった。1945年、ナベア川にチャンドレーシャ・デ・ケイシャ・ダムの建設が開始され、そのことによってセレイロス地区が発展し始めた。1960年に庁舎がセレイロスにおかれることによって、同地区がチャンドレーシャ・デ・ケイシャの中心地区となった。

政治[編集]

自治体首長はガリシア国民党(PPdeG)のフランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス(Francisco Rodríguez Rodríguez)[6]、自治体評議員はガリシア国民党:6、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):1となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[7]

1999年6月13日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 595 88.41% 7
PSdeG-PSOE 71 10.55% 0

首長当選者:フランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス(PPdeG)

2003年5月25日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 531 80.58% 6
BNG 123 18.66% 1
PSdeG-PSOE 2 0.30% 0

首長当選者:フランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス(PPdeG)

2007年5月27日自治体選挙[8]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 434 75.74% 6
BNG 124 21.64% 1
PSdeG-PSOE 14 2.44% 0

首長当選者:フランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス(PPdeG)

2011年5月22日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
PPdeG 382 78.44% 6
PSdeG-PSOE 100 20.53% 1
BNG 3 0.62% 0

首長当選者:フランシスコ・ロドリゲス・ロドリゲス(PPdeG)

教区[編集]

チャンドレーシャ・デ・ケイシャは18の教区に分けられている。太字は自治体の中心地区[2]

  • カデリーニャ(サン・ペドロ)
  • オ・カンデード(サンタ・マリーア)
  • カステリーゴ(サン・マルティーニョ)
  • カステロアイス(サン・ペドロ)
  • セレイロス(サン・マルティーニョ)
  • チャンドレーシャ(サン・ペドロ)
  • チャベアン(サン・バルトロメウ)
  • ドラードス(サント・イシドーロ)
  • フィトイロ(サン・パイオ)
  • フォンテイタ(サント・アンドレ)
  • フォルカーダス(サンタ・マリーア)
  • パラーダ・セカ(サンタ・マリーア)
  • パラフィータ(サン・バルトロメウ)
  • ケイシャ(サンタ・クルス)
  • ラバル(サンタ・マリーア)
  • レケイショ(サンタ・マリーア・マダレーナ)
  • サン・クリストーボ(サン・クリストーボ)
  • ビラール(サン・コスメ)

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2011年10月6日閲覧。
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.8、p.42-44、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5818-2
  3. ^ Pobra de Trives (A), partido judicial nº4 de Ourense” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2011年10月6日閲覧。
  4. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.
  6. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2011年10月8日閲覧。
  7. ^ a b スペイン内務省 2011年地方選挙結果” (スペイン語). スペイン政府 内務省. 2011年10月6日閲覧。
  8. ^ a b c スペイン内務省 地方選挙結果(過去)” (スペイン語). スペイン政府 内務省. 2011年10月6日閲覧。

外部リンク[編集]