アジャリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Allariz

{{{市章説明}}}

自治体庁舎
自治体庁舎
Flag of Galicia.svg ガリシア州
Provincia de Ourense - Bandera.svg オウレンセ県
コマルカ アジャリス=マセーダ
司法管轄区 オウレンセ
面積 86.0km² [1] km²
教区数 16
居住地区数 86
標高 654m
人口 6,059人(2,012年) 人 ()
人口密度 70.5人/km² [1] 人/km²
住民の呼称 allaricense、alaricano/-a
ガリシア語率 96.12%
自治体首長 フランシスコ・ガルシーア・スアーレス
BNG
Allarizの位置
Allariz
スペイン内のアジャリスの位置
Allarizの位置
Allariz
オウレンセ県内のアジャリスの位置

北緯42度11分25秒 西経7度48分5秒 / 北緯42.19028度 西経7.80139度 / 42.19028; -7.80139

Situacion Allariz.PNG

アジャリスAllariz)はスペインガリシア州オウレンセ県の自治体で、コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。ガリシア統計局によると、2012年の人口は6,059人(2010年:5,910人、2009年:5,821人、2007年:5,506人、2006年:5,433人、2005年:5,351人、2004年:5,313人。2003年:5,216人)[1]。住民呼称は、男女同形のallaricense、またはalaricano/-a。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は96.12%(2001年)。

地理[編集]

アジャリスはオウレンセ県の中部に位置し、コマルカ・デ・アジャリス=マセーダに属する。面積は86kmで、87の集落が点在し、16の教区に分かれている。 自治体内の最高地点はペナマ山で海抜927mで、また、自治体内を東から西へとアルノイア川が流れている。

アジャリスは北をタボアデーラと、南をライリス・デ・ベイガビラール・デ・サントスと、東をパデルネ・デ・アジャリスシュンケイラ・デ・アンビーアサンディアスと、西をア・メルカア・ボーラの各自治体と接している。自治体中心地区はサンティアーゴ・デ・アジャリス教区のアジャリス地区[2]

気候は内陸性の特徴を有する大西洋岸気候といえ、谷によって異なる。

主要な交通はマドリードサンティアゴ・デ・コンポステーラを結ぶ国道525号線(N-525)とベナベンテビーゴを結ぶ高速道路52号線(A-52)で自治体内を北西から南東へと横切っている。

アジャリスはオウレンセ司法管轄区に属す[3]

人口[編集]

アジャリスの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[4]、1996年 - [5] 

政治[編集]

現在の自治体首長は、2011年の自治体選挙の結果、絶対多数を獲得したガリシア民族主義ブロック(BNG)のフランシスコ・ガルシーア・スアレス(Francisco García Suárez)が担っている[6]。 首長によって統括される、自治体政府委員会は現在ガリシア民族主義ブロックの9人の評議員によって占められている。自治体評議員数は13で、ガリシア民族主義ブロック:9、ガリシア国民党(PPdeG):4となっている(2011年5月22日の自治体選挙結果、得票順)[7]

1999年6月13日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 2,242 66.69% 10
PPdeG 772 22.96% 3
EDEG-OV[8] 189 5.62% 0
PSdeG-PSOE[9] 128 3.81% 0

首長当選者:フランシスコ・ガルシーア・スアレス(BNG)

2003年5月25日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 1,958 56.64% 8
PPdeG 1,133 32.77% 4
PSdeG-PSOE 305 8.82% 1

首長当選者:フランシスコ・ガルシーア・スアレス(BNG)

2007年5月27日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 2,492 66.79% 9
PPdeG 938 25.14% 3
PSdeG-PSOE 252 6.75% 1

首長当選者:フランシスコ・ガルシーア・スアレス(BNG)

2011年5月22日自治体選挙[7]
政党 得票数 得票率 獲得議席
BNG 2,298 61.87% 9
PPdeG 1,167 31.42% 4
PSdeG-PSOE 160 4.31% 0

首長当選者:フランシスコ・ガルシーア・スアレス(BNG)

歴史[編集]

起源[編集]

町の起源は、戦略的に重要な交通路が通るアルノイア川のほとりにあったカストロにさかのぼることができるが、詳しいことは分かっていない。スエビ王国時代については、たとえばAliaricoによって、あるいは西ゴート王国の国王Witiza(ウィティザ)の宮廷によってだとかの多くの言い伝えが残されている。

ただ、この時代について明確になっていることは、6世紀にAliaricoという名の騎士が、農業をおこなうためにこの地に定住し、Villa Aliarici(アリアリコの村)と名付けたということである。

中世[編集]

11世紀にガリシア・レオン王政支配下になり、その歴史的な役割が始まった。まず、11世紀にアフォンソ6世によって城塞と城壁の建設が命じられた。1132年から1140年までの間は、ポルトガル王国と切り離されたガリシア南部における、ポルトガルとの統合を目指す分離派の拡大に対しての戦争に費やされた。

名所・史跡[編集]

教区[編集]

アジャリスは16の教区に分けられる。太字は自治体中心地区のある教区[2]

  • アジャリス(サンティアーゴ)
  • アジャリス(サント・エステーボ)
  • アウガス・サンタス(サンタ・マリーニャ)
  • コエド(サンティアーゴ)
  • オス・エスピニェイロス(サン・ブレイショ)
  • フォルゴーソ(サンティアーゴ)
  • メイレ(サンタ・マリーア)
  • ケイロアス(サン・ブレイショ)
  • レケイショ・デ・バルベルデ(サンタ・マリーア)
  • サン・マメーデ・デ・ウロス(サン・マメーデ)
  • サン・マルティーニョ・デ・パソ(サン・マルティーニョ)
  • サン・トロカード(サン・トロカード)
  • サン・ビトイロ・デ・メスキータ(サン・ビトイロ)
  • サンタ・バイア・デ・ウロス(サンタ・バイア)
  • セオアネ(サン・ショアン)
  • トルネイロス(サン・ミゲル)

出身著名人[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b c IGE(ガリシア統計局)” (ガリシア語). ガリシア自治州政府. 2013年3月13日閲覧。
  2. ^ a b Dicionario Xeográfico Ilustrado de Galicia vol.1、p.228-230、Xeogal Publicacións、2009、ISBN 978-84-613-5809-0
  3. ^ Ourense, partido judicial nº1 de Ourense” (スペイン語). Consejo General de los Procuradores de España. 2013年3月13日閲覧。
  4. ^ Poblaciones de hecho desde 1900 hasta 1991. Cifras oficiales de los Censos respectivos.
  5. ^ Series de población desde 1996. Cifras oficiales de la Revisión anual del Padrón municipal a 1 de enero de cada año.
  6. ^ Alcaldes Elecciones 2011” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Política Territorial y Administración Pública. 2013年3月13日閲覧。
  7. ^ a b c d e Consulta de Resultados Electorales” (スペイン語). Gobierno de España, Ministerio de Interior, Subsecretaría Dirección General de Política Interior. 2013年3月13日閲覧。
  8. ^ EDEG-OVはEsquerda de Galicia - Os Verdes、ガリシア左翼=緑の党
  9. ^ PSdeG-PSOEはPartido dos Socialistas de Galicia-PSOE(ガリシア社会党)、スペイン社会労働党のガリシア州における支部政党。


外部リンク[編集]