カストレーロ・デ・ミーニョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Castrelo de Miño

{{{市章説明}}}

Flag of Galicia.svg ガリシア州
Provincia de Ourense - Bandera.svg オウレンセ県
コマルカ オ・リベイロ
面積 39.7km² km²
標高 160m
人口 1,928人(2,009年) 人 ()
人口密度 49.90人/km² 人/km²
ガリシア語率 99.70%
Castrelo de Miñoの位置
Castrelo de Miño
スペイン内のカストレーロ・デ・ミーニョの位置
Castrelo de Miñoの位置
Castrelo de Miño
オウレンセ県内のカストレーロ・デ・ミーニョの位置

北緯42度17分40秒 西経8度4分0秒 / 北緯42.29444度 西経8.06667度 / 42.29444; -8.06667

Situacion Castrelo de Miño.PNG

カストレーロ・デ・ミーニョCastrelo de Miño)はスペインガリシア州オウレンセ県の自治体で、コマルカ・ド・リベイロに属する。ガリシア統計局によると、2009年の人口は1,928人(2004年:2,044人、2003年:2,052人)である。

ガリシア語話者の自治体人口に占める割合は99.70%(2001年)。

地理[編集]

カストレーロ・デ・ミーニョはオウレンセ県の北西部に位置し、コマルカ・ド・リベイロに属する。隣接する自治体は、北がセンジェリバダビア、東がトエン、南がカルテージェ、西がア・アルノイアである[1]。面積は39.7km²。7の教区に分けられ、自治体の中心地区はバラル教区のバラル地区である。カストレーロ・デ・ミーニョはリバダビア司法管轄区、オウレンセ司教区に属する。

人口[編集]

カストレーロ・デ・ミーニョの人口推移 1900-2010
出典:INE(スペイン国立統計局)1900年 - 1991年[2]、1996年 - [3] 

経済[編集]

カストレーロ・デ・ミーニョの経済は、その大半が第一次産業に負うている(人口のおよそ50%が従事)。具体的にはワイン製造である。牧畜業の自治体経済に占める位置は小さく、オウレンセ協同組合(COREN)へ納入するための養豚農家があるだけである。

第二次産業分野に従事するものは、人口のおよそ20%で、繊維工場とFENOSAのダムで働いている。サービス業については必要最低限のレベルにとどまっている。

政治[編集]

自治体首長はガリシア民族主義ブロック(BNG)のシュルショ・ロドリゲス・メンデス(Xurxo Rodríguez Méndez)、自治体評議員はガリシア国民党(PPdeG):5、ガリシア民族主義ブロック:3、ガリシア社会党(PSdeG-PSOE):3となっている(2007年の自治体選挙の結果)。

教区[編集]

カストレーロ・デ・ミーニョは7つの教区に分けられる。

  • アスタリス(サンタ・マリーア)
  • バラル(ノサ・セニョーラ・ダス・ネベス)
  • カストレーロ・デ・ミーニョ(サンタ・マリーア)
  • マセンド(サンタ・マリーア)
  • ポンテ・カストレーロ(サント・エステーボ)
  • プラード・デ・ミーニョ(サンタ・マリーア)
  • ビデ・デ・ミーニョ(サン・サルバドール)

参考文献・脚注[編集]

外部リンク[編集]