チャクチャク (菓子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャクチャク
Chakchak.jpg
チャクチャク(右)とブハラ・カラワセ(左)
発祥
発祥地 ロシアの旗 ロシア
地域 タタールスタンバシコルトスタン
料理詳細
主な材料 パン生地、ヘーゼルナッツを混ぜることもある

チャクチャクラテン文字:Çäkçäk - /ækˈæk/[ɕækˈɕæk]ヤナリフCəkcəkタタール・キリル文字:Чәкчәк[1]/ чәк-чәк / çäk-çäkタジク語: чақчақ - チャクチャクロシア語: чак-чак - チャクチャクバシキール語: сәк-сәк - シャクシャクカザフ語: шек-шек - シェクシェク)はタタール人の間で作られている菓子である。チャクチャクはタタールスタンバシコルトスタンで特に人気のある菓子であり、ロシアではタタールスタンの郷土料理と認識されている。

チャクチャクは発酵前のパン生地を切り分け、ヘーゼルナッツ程度の大きさの球へと丸め、揚げることで出来上がる。また、生地にヘーゼルナッツドライフルーツを混ぜ込むこともある。揚げた生地は専用の型へと積み上げ、上からはちみつをかける。冷まして硬くなった後、ヘーゼルナッツやドライフルーツで飾り付けをすることもある。

伝統的な結婚式においては、チャクチャクは通常よりも大きなサイズで作られ、キャンディドラジェで飾り付けをしていることが多い。世界最大のチャクチャク(1000kg)は2005年8月29日にカザンの千年記念行事で制作された[2]

種類[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b (タタール語)“Чәкчәк”. Tatar Encyclopedia. Kazan: Tatarstan Republic Academy of Sciences Institution of the Tatar Encyclopaedia. (2002). 
  2. ^ (ロシア語) Chak-chak record in Kazan

外部リンク[編集]