チャイルド・ファンド・ジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンは日本の非政府組織 (NGO)。「すべての子どもに開かれた未来を約束する国際社会の形成」を目標とし、「生かし生かされる国際協力を通じて子どもの権利を守る」ための支援活動を行う。1975年より、アジアを中心に貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長、家族と地域の自立を目指した活動を行っている。本部事務所は東京都杉並区。

活動[編集]

キリスト教の精神に基づき、フィリピンネパールスリランカの貧困地域に暮す子どもたちが健康な生活を送ることができるように活動を行うとする。活動を支援する方法として、継続して一人の子どもを支援する「スポンサーシップ・プログラム」、貧困に起因する様々な問題の中で、特定の開発課題に応える「支援プロジェクト」、未使用の官製ハガキで支援する「書き損じハガキの送付」などがある。企業などの団体や、学校のグループなどでも参加が可能な支援方法もある。

歴史[編集]

  • 昭和23年 (1948年) - キリスト教児童基金 (CCF) が日本の戦災孤児への支援をはじめる
  • 昭和27年 (1952年) - CCFの日本事務所として、社会福祉法人基督教児童福祉会 (CCWA) 設立
  • 昭和49年 (1974年) - 日本が経済成長を遂げてCCFの支援が終了
  • 昭和50年 (1975年) - CCWAは国際精神里親運動部を創設しフィリピンでの活動を開始
  • 昭和61年 (1986年) - マニラにフィリピン事務所開設
  • 平成7年 (1995年) - ネパールで保健事業の支援を開始
  • 平成17年 (2005年) - CCWA国際精神里親運動部は法人変更により、特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンとして活動を開始
  • 平成18年 (2006年) - スリランカでスポンサーシップ・プログラムを開始
    • 同年 - 外務大臣表彰受賞
  • 平成21年 (2009年) - 国税庁長官より「認定NPO法人」に認定

参加方法[編集]

スポンサーシップ・プログラム
フィリピンネパールスリランカなどの貧困地域に暮らす子どもたちに対し、支援するチャイルド一人当たり月額4,000円で支援する参加方法。スポンサーとチャイルドとの文通が可能な一対一のつながりを重視したプログラムで、支援を始める際にチャイルドの地域、性別などが選択できる。一人だけでなく、複数人援助することも出来るがその寄付金金額も複数人数だけ増える。スポンサーにはチャイルドの成長記録(年1回)、季節のカード(年1回)、機関紙(年4回)、年次報告書(年1回)などが送付される。なお、支援するチャイルド人数の上限は設けられていない。
支援プロジェクト
任意の寄付で支援する方法。期間、金額は随意。プロジェクト・サポーターには機関紙(年4回)や、年次報告書(年1回)などが送付される。
ボランティア
チャイルド・ファンド・ジャパンの募集時に登録し、参加する方法。

活動資金[編集]

平成24年 (2012年) 度「年次報告書」の詳細は以下のとおり。 [1]

収入
約2億7,500万円のうち多くを占めるのが寄付金収入で、金額は約2億7,000万円(全体としては約98%)。
支出
本来の目的として使われる地域開発事業費の金額が約1億7,000万円(約69%)、広告・啓発・提言事業費の金額が約3,990万円(約16%)、事務費の金額が約3,250万円(約13%)、その他の支出の金額が約74万円(約0.30%)。

支援している有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2012年度年次報告書 (PDF)”. p. 13. 2013年12月11日閲覧。
[ヘルプ]

外部リンク[編集]