チママンダ・アディーチェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ
ChimamandaAdichie.jpg
誕生 Chimamanda Ngozi Adichie
1977年9月15日
ナイジェリアの旗 ナイジェリアエヌグ
職業 作家
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
活動期間 1996年 -
ジャンル 小説
主題 アフリカ全般
代表作 アメリカにいる、きみ
主な受賞歴 オー・ヘンリー賞(2003)
コモンウェルス賞(2005)
オレンジ賞(2007)
全米批評家協会賞(2013)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ(Chimamanda Ngozi Adichie、女性、1977年9月15日 - )は、ナイジェリアイボ民族出身の作家

経歴[編集]

1977年ナイジェリア南部エヌグに生まれ、大学町スッカで育つ。ナイジェリア大学で短期間、医学薬学を学び、19歳で奨学金を得て渡米。ドレクセル大学東コネティカット大学コミュニケーション学政治学を学ぶかたわら、創作活動を開始する。

2003年オー・ヘンリー賞を受賞。その後も数々の賞にノミネートされ、2005年に初長編『パープル・ハイビスカス英語版』でコモンウェルス初小説賞2007年にはビアフラ戦争をテーマとした長編『半分のぼった黄色い太陽英語版』でオレンジ賞を、賞始まって以来の最年少受賞をはたした。2013年には全米批評家協会賞小説部門を受賞。

イェール大学アフリカ学を学び、二つ目の修士号を取得。活発な執筆活動の一方で、毎年、母国ナイジェリアで若い小説家を育てるワークショップを開いている。

2010年9月、国際ペン東京大会の文学フォーラムのゲストとして招かれて初来日。

著作[編集]

長編小説[編集]

短編小説[編集]

備考[編集]

読売新聞2010年9月29日)に、インタビュー記事が掲載された。発言内容は以下のとおり。

  • 「読者の心の中に、絵が浮かぶような作品を描きたい」
  • 「興味があるのはありのままのアフリカ、生きているアフリカを書くこと」
  • 「飢餓や貧困、エイズ。そんな型にはまったイメージを打ち破ることにもっと挑みたい」
  • 「私の作品をマルチ・カルチュラル(多文化的)などと語る人は、白人でない女性の著者という点しか見てないと思う」

関連項目[編集]