チゴハヤブサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チゴハヤブサ
Faucon hobereau.jpg
チゴハヤブサ Falco subbuteo
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハヤブサ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
: ハヤブサ属 Falco
: チゴハヤブサ F. subbuteo
学名
Falco subbuteo Linnaeus, 1758
和名
チゴハヤブサ
英名
Eurasian hobby

チゴハヤブサ(稚児隼、学名:Falco subbuteo)は、ハヤブサ目ハヤブサ科ハヤブサ属に分類される鳥類の一種である。

ハヤブサ属の模式種

分布[編集]

アフリカ大陸ユーラシア大陸 ユーラシア大陸北部やアフリカ大陸北部で繁殖し、冬季になるとユーラシア大陸南部やアフリカ大陸で越冬する。

日本では北海道と東北地方北部に夏鳥として渡来、繁殖するが、数は多くない。本州中部以南では冬季に越冬する個体もいる。また、渡りの時期には、南方へ渡る途中の個体が観察される。

形態[編集]

全長オス31cm、メス35cm。ハヤブサよりも小型であることが和名の由来だと思われる。(稚児は子供や幼児の意)背面や翼の上部の羽毛は青味がかった灰色。眉間、咽頭部から頚部側面、腹面の羽毛は白く、胸部から腹面にかけて黒い縦縞が入る。頭部の羽毛は黒く、眼の周囲の羽毛は黄色い。翼は長く先がとがっており、静止時の初列風切羽は尾羽よりも長くなる。雌雄同色である。

幼鳥では下腹部は白いが、成長に伴い赤味を帯びる。

生態[編集]

平地から山地にかけての森林草原農耕地等の比較的開けた場所に生息する。単独かつがいで生活する。

食性は動物食で大型の昆虫類や小型鳥類、コウモリ等を食べる。飛翔しながら獲物を捕らえる。捕らえた獲物は、一定の食事場所へ運んでから食べる。

繁殖形態は卵生で、樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作るが、カラス科の構成種や小型のタカ類の古巣を用いることも多い。日本では5月から6月に1回に2-3個の卵を産む。主にメスが抱卵を行い、その間オスは狩りを行う。抱卵日数は約28日、巣立ちまでの日数は約30日。その後30-40日で親から独立する。成熟するまでに2年かかる。

亜種[編集]

2亜種に分類される。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、106項
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、42項
  •  山渓カラー名鑑『日本の野鳥』、山と渓谷社
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科7 鳥類I』、平凡社1986年、182頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]