チキン・ナゲット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

チキン・ナゲットchicken nugget)は、鶏肉の小片または鶏ひき肉を塊にして、バターパン粉をまぶして調理した料理である。ウィスコンシン州のJ・J・K・ブース(JJK Booth: 1788年 - 1853年)によって考案されたとする説があるが、確かではない。なお、ナゲットとは英語で「天然の金の塊」のこと。

ファーストフード店舗では揚げて調理する事がある。一般家庭では焼きあげて調理する事が普通である。バーベキューソース、マスタードソースなどをつけて食するのが一般的。

が無いとバラバラになり易く、皮が付いた肉を使用して調理する場合があるが、ファストフードでは脂身をまたは植物油を含む挽肉の塊を使用して調理する事が多く、皮以外の部分は機械によって処理された肉が用いられることが一般的である。皮と肉で種類が異なる場合もあり、アメリカ合衆国の食品の表示について定めた法律では、皮と身で違う肉を使ってはいけないともされる程である。

チキン・ナゲットの調理方法により、ナゲット用の鶏肉は他の用途の家禽類の肉よりも処理過程で丁寧に扱われないことがある。このため、PETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)などの団体はチキン・ナゲットの消費に難色を示している。

関連項目[編集]