チェリク・ヒッデス級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェリク・ヒッデス級駆逐艦
HNLMS Isaac Sweers.jpg
竣工時の「イサーク・スウェールズ」
艦級概観
種別 駆逐艦
艦名 人名(提督)
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
建造期間 {{{建造期間}}}
就役期間 {{{就役期間}}}
同型艦 {{{同型艦}}}
前級 ヴァン・ガレン級
次級 ホラント級
主要諸元
排水量 基準:1,604トン
満載:2,228トン
総トン数 {{{総トン数}}}
全長 107.0 メートル (351.0 ft)
105.0 メートル (344.5 ft)(水線長)
全幅 10.6メートル (35 ft)
吃水 2.8メートル (9.2 ft)
深さ {{{深さ}}}
機関 ヤーロー重油専焼三胴型水管缶3基
+パーソンズギヤード・タービン2基2軸推進
機関出力 45,000hp
電力 {{{電力}}}
速力 37.5ノット
燃料 重油:330トン
航続距離 15ノット/3,200海里
潜航深度 {{{潜航深度}}}
乗員 158名
搭載量 {{{搭載量}}}
装甲 {{{装甲}}}
兵装 計画時:
ボフォース 1924年型 12cm(45口径)連装速射砲2基&同単装速射砲1基
ボフォース 4cm(56口径)単装機関砲4基
ヴィッカース 12.7mm(-口径)単装機銃4基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
機雷24個&投下軌条2基
ゲラルト・カレンブルク:
ボフォース 12cm(45口径)連装速射砲2基&同単装速射砲1基
C30 3.7cm(-口径)単装機関砲4基
C/38 2cm(-口径)単装機銃16基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
機雷24個&投下軌条2基
イサーク・スウェールズ:
アームストロング 10.2cm(45口径)連装高角砲3基
ボフォース 4cm(56口径)単装機関砲4基
エリコン 2cm(76口径)単装機銃20基
53.3cm三連装魚雷発射管2基
搭載機 計画時:水上機1機(未搭載)
搭載総数 {{{総艦載機数}}}
搭載艇 {{{艦載艇}}}
C4ISTAR {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
特殊装備 {{{特殊装備}}}
その他 {{{その他}}}

チェリク・ヒッデス級駆逐艦英語: HNLMS Tjerk Hiddes class Destroyer)はオランダ海軍第一次世界大戦後に建造した駆逐艦の艦級である。

概要[編集]

本級はヴァン・ガレン級駆逐艦の改良型として設計・建造された駆逐艦である。

艦形[編集]

イラストは「イサーク・スウェールズ」。

本級の船体形状はクリッパー型艦首から艦首甲板の乾舷部のみ高い短船首楼型船体を採用している。全く傾斜のない艦首甲板に「ボフォース 12cm(45口径)速射砲」を防盾の付いた連装砲架で1基、上部見張り所に測距儀を載せた箱型艦橋の両脇には船橋が付く。艦橋の背後に簡素な三脚型の前部マスト、その後方の2本煙突の左右は艦載艇置き場となっており、2本1組のボート・ダビッドを片舷2組の計4組により運用される。設計時には前級と同じく水上機の運用のため、2本煙突の間に搭載する予定であったが建造時には探照灯台に置き換えられた。

2番煙突の背後の中央部甲板上に53.3cm四連装魚雷発射管が4cm機関砲台を境にして直列に2基を配置していた。その後に水上機置き場があり、単脚式の後檣の基部に付いたクレーン1基により運用された。後部甲板上に後ろ向きに3・4番主砲が後向きに背負い式配置で2基が配置され、艦尾側に機雷運用のため軌条(レール)が並列で計2基配置される設計であった。

本級のうち、ドイツに鹵獲されてドイツ海軍で完成した艦は機関砲がドイツ式、イギリスで完工した物は弾薬の供給面からイギリス製の武装を搭載して完成して艦容が若干異なっている。

同型艦[編集]

  • チェリク・ヒッデス(HNLMS Tjerk Hiddes)

オランダ、ロッテルダム造船所にて1938年11月起工、同年10月12日進水、1940年5月14日にイギリスに脱出。現地のソーニクロフト社サウサンプトン造船所にて工事続行して1941年3月に自由オランダ海軍籍で就役。 1942年12月13日に撃沈。

オランダ、ロッテルダム造船所にて1938年11月起工、1940年3月16日進水、1941年3月にイギリスに脱出。。現地のソーニクロフト社サウサンプトン造船所にて工事続行して1941年5月29日に自由オランダ海軍籍で就役。 1942年11月13日、アルジェ北方の地中海でドイツ潜水艦U431の雷撃を受け撃沈。

オランダ、ロッテルダム造船所にて1938年10月起工、1939年10月12日進水、侵攻してきたドイツ軍の手に渡らないように自沈処分。遺棄された船体を1940年5月10日にドイツ陸軍により鹵獲され、浮揚された船体はハンブルクへ運ばれてドイツ海軍で建造続行されドイツ海軍駆逐艦「ZH1」と改名されて1942年10月11日に就役させた。1944年6月8日にノルマンディー沖で連合軍艦船と交戦し、これにより行動不能となり自沈処分。

  • フィリップ・ヴァン・アルモンド(HNLMS Philips van Almonde)

オランダ、デ・シェルデ社フリッシンゲン造船所にて1939年3月起工、1940年4月17日に建造中止、解体処分。

参考図書[編集]

  • 「Conway All The World's Fightingships 1922-1946」(Conway)


関連項目[編集]

外部リンク[編集]