ダイアナモンキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアナモンキー
ダイアナモンキー
ダイアナモンキー Cercopithecus diana
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書I
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primates
: オナガザル科 Cercopithecidae
亜科 : オナガザル亜科
Cercopithecinae
: オナガザル属 Cercopithecus
: ダイアナモンキー C. diana
学名
Cercopithecus diana
(Linnaeus, 1758)
和名
ダイアナモンキー
英名
Diana monkey

ダイアナモンキーCercopithecus diana)は、動物界脊索動物門哺乳綱サル目(霊長目)オナガザル科オナガザル属に分類されるサル。

分布[編集]

  • C. d. diana

ギニア南部、コートジボアール西部、シエラレオネリベリア

  • C. d. roloway

ガーナ、コートジボアール東部

形態[編集]

体長オス53-62cm、メス44-48cm。尾長70-90cm。体重オス3.5-7.5kg、メス2.2-5kg。全身は灰色や暗灰色の体毛で被われる。喉から胸部は白、背中は赤褐色、臀部は赤、尾は黒い体毛で被われる。額には三日月状に白い斑紋が入る。種小名dianaはローマ神話における月の女神「ディアナ(ダイアナ)」の意で、額の斑紋に由来し和名や英名と同義。大腿部から膝にかけて白い筋模様が入る。

  • C. d. roloway

額の斑紋がより明瞭。

分類[編集]

  • Cercopithecus diana diana (Linnaeus, 1758)
  • Cercopithecus diana roloway (Schreber, 1774)

生態[編集]

熱帯雨林に生息するが、水辺にある乾燥林に生息することもある。樹上棲で、主に樹冠部で生活する。1頭のオスとメスからなる5-50頭の中規模な群れを形成し生活する。他種と混群を形成する事もある。昼行性

食性は植物食傾向の強い雑食で、木の果実種子、樹脂、昆虫などを食べる。

繁殖形態は胎生。1回に1頭の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

開発や内戦による生息地の破壊、狩猟などにより生息数は減少している。

C. d. diana

VULNERABLE (IUCN Red List Ver.3.1(2001))

Status iucn3.1 VU.svg

C. d. roloway

ENDANGERED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))

Status iucn3.1 EN.svg

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、30、210頁。
  • 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科3 霊長類』、平凡社1986年、84頁。
  • 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ6 アフリカ』、講談社2000年、32、144-145頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、138頁。

外部リンク[編集]