タカネナナカマド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タカネナナカマド
Sorbus sambucifolia 1.JPG
福島県飯豊山 2012年6月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
亜科 : ナシ亜科 Maloideae
: ナナカマド属 Sorbus
: タカネナナカマド S. sambucifolia
学名
Sorbus sambucifolia (Cham. et Schltdl.) M.Roem.
和名
タカネナナカマド(高嶺七竃)

タカネナナカマド(高嶺七竃、学名:Sorbus sambucifolia)はバラ科ナナカマド属落葉低木高山植物

特徴[編集]

樹高は1-2mになる。今年生の若いには淡褐色の皮目があり、白色の軟毛が散生する。托葉があるが早く落ちる。は互生し、長さ9-20cmの奇数羽状複葉で、うち葉柄は長さ2-3cmある。小葉は7-11個つき、狭卵形で、長さ4-6cm、幅1-2.5cm、先端は鋭くとがり、基部は鈍形になり、縁には全体に鋭鋸歯がある。葉の表面に光沢があり、裏面は淡緑色で側脈が目立ち、側脈は縁の鋸歯に達する。

花期は6-7月。枝先に複散房花序を斜上またはやや下向きにだし、白色でやや紅色を帯びたを10数個つける。は杯状で萼筒の長さ3-4.5mm。花弁は長さ4-6mmになり、ほぼ円形で直立または斜上し、5枚。雄蕊は15-20個、花柱は5個あり子房は中部以下で合着する。果期は9-10月。果実ナシ状果で長さ12-20mm、幅10-16mmの楕円形になり、赤く熟し、下垂する。果実に皮目はなく、ふつう頂部に萼裂片が直立して残る。種子は長さ4-5mm、幅2mmの卵状楕円形になる。

分布と生育環境[編集]

日本では、北海道、本州の中部地方以北に分布し、亜高山から高山の林縁や低木林に生育する。世界では、千島樺太カムチャツカ朝鮮沿海州に分布する。

ギャラリー[編集]

花序 
果実 

下位分類[編集]

  • ミヤマナナカマド Sorbus sambucifolia (Cham. et Schltdl.) M.Roem. var. pseudogracilis C.K.Schneid. -全体にやや小型で果実も小さい変種。果序は下垂しない。分布域は基本種と同じ。

参考文献[編集]