ソフィア・ヤンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソフィア・ヤンソン(Sophia Jansson、1962年 - )は、ムーミンシリーズの小説の原作者トーベ・ヤンソンの姪。父はトーベの末弟で、漫画版『ムーミン』の共著者でもあるラルス・ヤンソン。ムーミンの著作権管理会社であるムーミンキャラクターズ社(Oy Moomin Characters, Ltd.)[1]のクリエイティブディレクター兼会長を務め、「ムーミン一家にまつわるさまざまな舵取り」を行っている[2]

家族[編集]

ソフィアは叔母のトーベに非常に可愛がられ、彼女とトーベ、ラルスの母シグネ(ソフィアの祖母にあたる)の事を主役にした小説『少女ソフィアの夏』が書かれている。この小説には、トーベ自身も出ている。

ムーミンの権利者として[編集]

ソフィアはムーミンの権利者[3]として、行き過ぎたグッズの流通・販売などを監視している。このために、アメリカのディズニー社との契約は行っておらず、今後も行わない方針だそうである。[要出典]

日本で作られた1969年版と1972年版のアニメーションムーミン』について、原作者であるトーベは生前に難色を示したことがある。このため、人気のある作品であったにもかかわらず、旧ソフトであるVHSやレーザーヴィジョンディスクLDでの発売迄で、現在の権利者「ムーミンキャラクターズ社」(勿論代表はソフィアである)からの許可が下りず、『楽しいムーミン一家』放送開始以後は、テレビでの再放送や新ソフト(Blu-ray DiscやDVD)の開発が自粛されている。また、YouTubeニコニコ動画に無断アップロードされていた映像については運営管理会社に対して削除の申し立てを行っており、実際に削除されている。

アニメーション『楽しいムーミン一家』(1990年)の製作にはトーベとラルスが関わっており、ムーミンキャラクターズ社の公認を受けている。この番組は、ヤンソン一家の住むフィンランドを含め、世界中で放映されている。こちらは、当時のソフトであるVHSから、最近のDVDBlu-ray Discまで発売されている。

脚注[編集]

  1. ^ 本サイトについて” (日本語). ムーミン公式サイト. 2012年10月30日閲覧。
  2. ^ 【スペシャル企画】ムーミンとトーベ・ヤンソン” (日本語). ビッグイシュー日本版 152号 (2010.10.1号). ビッグイシュー日本版. 2012年10月30日閲覧。
  3. ^ ムーミンの日 どうして8月9日なの? http://www.moomin.co.jp/moominday2.html ムーミン公式サイト

参考文献・出典[編集]

  • 芸術新潮「ムーミンを生んだ芸術家トーヴェ・ヤンソンについて」(Tove Jansson)2009年5月号。新潮社

外部リンク[編集]