ソテツ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソテツ科
Cycas inflorescence.jpg
保全状況評価[1]
ワシントン条約附属書II類(附属書I類に指定されているものを除く)
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: ソテツ綱 Cycadopsida
: ソテツ目 Cycadales
: ソテツ科 Cycadaceae
学名
Cycadaceae Pers.1807[2]
タイプ属
Cycas L. [2]
和名
ソテツ科

ソテツ科(ソテツか、学名Cycadaceae)は、ソテツ綱ソテツ目に属する植物の。現生種は100種ほどで、いずれも常緑木本東南アジアを中心とする熱帯亜熱帯に分布する。日本にはソテツだけが南西諸島などに自生する[4]

特徴[編集]

は羽状複葉で[4]、小葉は細長くとがる。茎先に多数つき、基部は茎に残る。

雌雄異株で、は茎に頂生または側生する。雄蕊(小胞子葉)は鱗片状で、下面に多数の小胞子嚢(葯胞)がつく。雌蕊(大胞子葉)は葉に似た形で、ふちに胚珠が数個つく。

花粉は前葉体細胞を1個含む。胚珠内の花粉室で発芽し花粉管で固着し精子を放出する。胚嚢中には造卵器が数個あり、そのうち1個の卵細胞が受精する。

には藍藻が共生し窒素固定を行っている[5]

[編集]

保全状況評価[編集]

ソテツ科の全種はワシントン条約の附属書II類に指定されている(附属書I類に指定されているものを除く)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Cycadaceae spp. UNEP-WCMC. 20 September, 2011. UNEP-WCMC Species Database: CITES-Listed Species
  2. ^ a b Cycadaceae Tropicos
  3. ^ Cycadaceae The Plant List
  4. ^ a b 植物生態研究室. “ソテツ科 Cycadaceae”. 岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科. 2013年11月5日閲覧。
  5. ^ 植村誠次 (1977年3月), 根粒菌と根粒植物, “森林土壌の生態”, URBAN KUBOTA (14): 22-25, http://www.kubota.co.jp/siryou/pr/urban/pdf/14/pdf/14_2_5_2.pdf .