クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Christian Hendrik Persoon

クリスティアーン・ヘンドリク・ペルズーン(Christiaan Hendrik Persoon、1761年2月1日1836年11月16日)は、南アフリカ生まれの菌類学者である。エリーアス・フリースらと並んで、菌類の分類研究の創始者の1人である。

生涯[編集]

南アフリカステレンボッシュに、ポメラニア移民の父とオランダ人の母親の元に生まれた。母親はペルズーンが生まれてすぐ死に、13歳の時に、教育のためにヨーロッパに送られたが、父親もその翌年に没した。ハレ大学神学を学ぶが、22歳の時に医学に転じ、ライデン大学ゲッティンゲン大学で学んだ。1799年に学位を得た。医業の傍ら、余暇に植物学と菌学の研究を行い、いくつかの著書を執筆した。1801年の『キノコの分類概論』("Synopsis Methodica Fungorum" :1801)はキノコの分類の先駆的著作である。1806年にパリに移りパリで没した。

ペルズーンの標本は、1825年にオラニエ=ナッサウ家によって800ギルダーほどで購入され、後にライデンのオランダ国立植物標本館に加えられた。

ヤマモガシ科のPersoonia属に命名されている。

著書 (一部)[編集]