エリーアス・フリース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリーアス・フリースの肖像画

エリーアス・マグヌス・フリース(Elias Magnus Fries,1794年8月15日 - 1878年2月8日)はスウェーデン菌類及び植物学学者スモーランドのFemsjö生まれ。

1811年ルンド大学入学。1824年にルンド大学で植物学の教授に就任した。1834年からウプサラ大学の教授を務めた。

彼は現代キノコ分類学の父と称されている。彼のキノコ分類はゲーテ等のドイツロマン主義に影響を受けており、胞子の色やひだ管孔等の主要な特徴によるものである。

彼が亡くなったとき、タイムズは「彼の大変多くの業績、特に菌類と地衣類についてはリンネに匹敵する」と書いている。(1878年2月21日発行、6ページ)

ウィキメディア・コモンズには、エリーアス・フリースに関するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズには、エリーアス・フリースに関する情報があります。