セルヒーイ・ゴンチャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルヒーイ・ホンチャール(セルゲイ・ゴンチャール)
Сергій Гончар
Cycling (road) pictogram.svg
Serhiy Honchar - prolog TdF 2006.jpg
個人情報
本名 セルヒーイ・ホンチャール
Сергій Гончар
生年月日 1970年7月3日(44歳)
国籍 ウクライナの旗 ウクライナ
身長 176cm
体重 72kg
チーム情報
所属 Preti Mangimi
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 タイムトライアルスペシャリスト
プロ所属チーム
1996
1997
1998
1999
2000-2001
2002
2003-2004
2005
2006-2007
2008-
イデアル
アキ
カンティーナ・トッロ
ヴィーニ・カルディローラ
リクィガス
ファッサ・ボルトロ
デナルディ
ドミナ・ヴァカンツェ
T-モバイル
Preti Mangimi
主要レース勝利
ジロ・デ・イタリア ステージ通算5勝
ツール・ド・フランス ステージ通算2勝
Arc en ciel.png 世界選手権 個人TT 2000
ウクライナの旗 ウクライナ選手権 個人TT 2002
ウクライナの旗 ウクライナ選手権 個人ロード 2003
最終更新日
2008年3月21日
獲得メダル
Arc en ciel.png
世界選手権自転車競技大会
1997 サン・セバスティアン 個人TT
1998 ファルケンブルグ 個人TT
2000 プルエー 個人TT

セルヒーイ・ホンチャールウクライナ語: Сергій Гончар, ラテン文字転写: Serhiy Honchar1970年7月3日 - )は、ウクライナリウネ出身の自転車プロロードレース選手。日本ではロシア語: Сергей Гончарに基にセルゲイ・ゴンチャールと表記されることが多い。

1996年プロデビュー。ツール・ド・フランスの個人タイムトライアルステージでの勝利や2000年の世界選手権個人タイムトライアル優勝など、数多くの栄冠に輝いたタイムトライアルスペシャリストであるが、山岳の厳しさで知られるジロ・デ・イタリア2004年の総合2位を筆頭に通算7度の総合トップ10入りを果たすなど、オールラウンダーとしての側面も持っている。 タイムトライアルの場面ではスプリンターも用いないような超巨大ギア[1] を使用することで知られる。

所属チーム[編集]

  • 1996年 イデアル
  • 1997年 アキ (Aki-Safi)
  • 1998年 カンティーナ・トッロ (Cantina Tollo)
  • 1999年 ヴィーニ・カルディローラ (Vini Caldirola)
  • 2000–2001年 リクイガス (Liquigas)
  • 2002年 ファッサボルトロ (Fassa Bortolo)
  • 2003–2004年 デナルディ (De Nardi)
  • 2005年 ドミナ・ヴァカンツェ (Domina Vacanze)
  • 2006–2007年 T-モバイル (T-Mobile Team)[2]

主な成績[編集]

グランツール[編集]

1997年
ジロ・デ・イタリア 区間1勝
1998年
ジロ・デ・イタリア 区間1勝
1999年
ジロ・デ・イタリア 区間1勝
2003年
ジロ・デ・イタリア 区間1勝
2004年
ジロ・デ・イタリア 区間1勝 総合2位
2006年
ツール・ド・フランス 区間2勝
  • (全て個人タイムトライアルステージ)

ステージレース[編集]

1997年
ツール・ド・スイス区間1勝
1998年
ロンド・ファン・ネーデルランド 区間1勝
ダンケルク4日間 区間1勝
1999年
ロンド・ファン・ネーデルランド 区間1勝 総合優勝
2001年
ロンド・ファン・ネーデルランド 区間1勝 総合優勝
2005年
ジロ・デ・トレンティーノ 区間1勝

ワンデイレース[編集]

1996年
ウクライナの旗ウクライナ選手権個人タイムトライアル優勝
世界選手権個人タイムトライアル銀メダル
1998年
ウクライナの旗ウクライナ選手権個人タイムトライアル優勝
世界選手権個人タイムトライアル銅メダル
1999年
グランプリ・デ・ナシオン優勝
2000年
Jersey rainbow.svg世界選手権個人タイムトライアル優勝
ウクライナの旗ウクライナ選手権個人タイムトライアル優勝
2002年
ウクライナの旗ウクライナ選手権個人タイムトライアル優勝
2003年
ウクライナの旗ウクライナ選手権個人ロードレース優勝

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1998年のジロ・デ・イタリアのプロローグではフロントに56、リアに11を使用。
  2. ^ 2007シーズン途中にチーム行動規則違反のため解雇

外部リンク[編集]