セリミエ・モスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セリミエ・モスク
基本情報
所在地 トルコ エディルネ
座標 北緯41度40分41秒 東経26度33分34秒 / 北緯41.67806度 東経26.55944度 / 41.67806; 26.55944座標: 北緯41度40分41秒 東経26度33分34秒 / 北緯41.67806度 東経26.55944度 / 41.67806; 26.55944
宗教 イスラム教
建設情報
建築家 ミマール・スィナン
建築形式 モスク
建築様式 オスマン建築
着工 1568年
完成 1574年
建築物詳細
ミナレット 4

セリミエ・モスク(Selimiye Mosque、トルコ語: Selimiye Camii)はオスマン帝国時代に建設されたモスクの1つで、トルコエディルネにある。皇帝セリム2世の命で、建築家ミマール・スィナンが1568年から1574年に建設した。スィナン自身が最高傑作としており、イスラーム建築の最高到達点の1つとされている。

概要[編集]

このモスクはキュッリイェ(病院、学校、図書館、浴場などの集まった複合施設)の中心にあり、そのキュッリイェにはマドラサ(イスラム神学と科学を教える高等教育機関)、dar-ül hadis (Al-Hadith school)、計時係の部屋、市場などがあった。スィナンはこのモスクで、四角い部屋の壁に8本のを設け、その8本の柱で形成する八角形でドームを支持するシステムを採用した。部屋の四隅にはその柱と柱を結ぶアーチの奥に半ドームがあり、それらが大ドーム(球形で直径31.25m)と壁の中間にある。

通常のモスクでは部屋が区切られているが、スィナンはこのエディルネでモスクのどの位置からでもミフラーブを見られるような構造にすることを心掛けた。4基の高いミナレットに囲まれ、その先に巨大なドームが見える。モスクの周囲には様々な施設がある。図書館、学校、宿坊、公衆浴場、貧民のための無料食堂、市場、病院墓地などである。これら付帯施設は可能な限り軸方向に並ぶように配置され、グループ化されている。モスクの正面には、モスクとほぼ同じ面積の矩形の中庭がある。しかし、セリミエ・モスクの斬新な点は建物の大きさではなく、内部の構成にある。ミフラーブはアプス風のアルコーブの中にあり、3方向の窓から照らされるように十分な奥行きを確保している。これには、壁の下の方のタイルが自然光できらめくという効果がある。その部分がメインホールと融合し、ドームの下の四角い部屋と共に八角形を形成している。8本のドームを支える柱が形成する八角形を、対角線上の四角形の四隅の半ドームで覆われた部分が貫いている。互いに包み込み合っている幾何学的形状の相似に起因する美しさは、スィナンが長年追い求めた統合された室内空間の到達点だった。

1913年にブルガリアがエディルネを包囲したとき、このモスクのドームにブルガリア軍の砲弾が当たった。ドームは極めて頑丈にできていたため、モスクはほとんど損傷を受けずに攻撃に耐え抜いた。ケマル・アタテュルクは将来の世代への警告とするため、その修理をしないよう命じ、現在もそのままになっている。その損傷は下の内部の写真で、ドーム中心の青い円の左にある赤い装飾文字部分に見えている。

このモスクは、1982年から1995年まで10,000トルコリラ札の裏面に描かれていた[1]

世界遺産[編集]

世界遺産 セリミエ・モスクと
その社会的複合施設群
トルコ
Edirne 7333 Nevit.JPG
英名 Selimiye Mosque and its Social Complex
仏名 Mosquée Selimiye et son ensemble social
面積 2.5 ha
緩衝地域 38 ha
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(4)
登録年 2011年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

2011年、セリミエ・モスクはUNESCO世界遺産に登録された[2]

世界遺産登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Central Bank of the Republic of Turkey. Banknote Museum: 7. Emission Group - Ten Thousand Turkish Lira - I. Series, II. Series, III. Series & IV. Series. – Retrieved on 20 April 2009.
  2. ^ Six new sites inscribed on UNESCO’s World Heritage List”. UNESCO. 2011年7月1日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]