セバスティアン・イラディエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セバスティアン・イラディエルSebastián Yradier, 1809年1月20日 - 1865年12月6日)はスペイン作曲家。本名は、セバスティアン・デ・イラディエル・イ・サラベリSebastián de Iradier y Salaverri またはサルベリ Salberri)。バスクアラバランツィエゴ出身。Yradierという綴りは、パリの出版社に強いられて用いた。1865年に人知れず他界。

もっぱらハバネラの作曲家として有名で、キューバ訪問後の1860年ごろに作曲した《ラ・パロマ》がとりわけ名高い。この楽曲は、スペイン米国メキシコで人気となり、ハバネラの知名度に貢献した。イラディエルのハバネラ《 El Arreglito》を、ビゼーはスペインの民族音楽と誤解して、歌劇《カルメン》の有名なアリア恋は野の鳥」に流用した。