スーパーパワーズカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スーパーパワーズカップ(Super Powers Cup)は、かつて行われていたラグビーの国際大会である。本項では2003~2004年のスーパーパワーズカップと2005年のTOSHIBAスーパーカップを合わせて記述する。

2003年にIRBが、日本米国ロシア中国の4ヶ国による1回戦総当たり戦として創設したが、SARSの流行のため中国がこの年の大会への参加を取りやめ、3ヵ国によって行われた。また、米国はロシア戦にフル代表ではなくA代表を派遣し、これを下したロシアが優勝した。米国が2位、日本は2敗で3位に終わった。

2004年は、東芝の特別協賛となり、TOSHIBAスーパーパワーズカップとして日本で開催された。中国は他の参加国に実力が遠く及ばないため結局参加せず、替わってカナダが加わってのトーナメント方式となり、日本がロシアとカナダを破って優勝した。

2005年は前年同様、日本で4ヶ国によるトーナメント方式で開催されたが、ロシアに替わってルーマニアが参加し、「超大国カップ」という従来の名称と実態との乖離が大きくなったため、「TOSHIBAスーパーカップ」に改称された。 優勝したのはカナダで、米国と日本を破った。

2006年にIRBパシフィックファイブネイションズ(現・IRBパシフィック・ネイションズ・カップ)が創設されたことなどにともない、スーパーカップは廃止された。

関連語句[編集]