スリウォンサワーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スリウォンサワーン(Soulivong Savang, 1963年5月8日 - )は、旧ラオス王国ウォンサワーン王子の長男で、現在もラオスの王位を請求しているラオス王族。ラオスは1975年まで立憲君主国だったが、共産主義革命勢力のパテート・ラーオがラオス全土を占拠したために、現在ではフランス亡命生活を送っている。

スリウォンサワーン皇太子は、ウォンサワーン皇太子と Mahneelai 妃の長男として、ルアンパバーンの王宮で生まれた。1975年パテート・ラーオによる共産主義革命の後、王室の親族はパテート・ラーオによって監禁状態に置かれたが、スリウォンサワーン皇太子は弟のタニャウォンサワーン王子と共にラオスから逃れ、1981年フランスへと到着した。この間、監禁状態から逃れることができなかった王室の親族は、次々と殺害されるか、虐待によって死に至った。亡命後、彼はクレルモン=フェランにある大学に通い、法学士の学位を取得した。彼はその後、ラオスにおいて立憲君主制の復活とラオス国民に「社会的で慈悲深い改革」をもたらすべく働き始めた。ただし現在は、彼の叔父であるスリャウォンサワーン王子が、彼の摂政とラオス王室の代表を務めている。

1997年9月、スリウォンサワーン皇太子とタニャウォンサワーン王子、スリヤウォンサワーン王子は、アメリカシアトルでラオス王室協議会(英語:Royal Lao Conference)を開催した。協議会には、300人以上のラオ族亡命者とモン族コミュニティーの代表者が出席した。このラオス王族、ラオ族、モン族指導者による歴史的な会議により、ラオスにおける立憲君主制の復活を目指すことが 決断として確立された。そして同時に、「ラオスにおける全体主義体制を真の民主主義体制へ返還する」ことと、「ラオス人民の再統合」を共通の目標として定めた。現在、スリウォンサワーン皇太子は、ラオスにおいて立憲君主制を樹立するために、スリャウォンサワーン王子やマンコンスワンナプーム王子、タニャウォンサワーン王子らと共に、ラオス王国亡命政府と協力しながら政治的活動を展開している。

先代:
ウォンサワーン
ラオス王室王位継承者
-
次代:
-