スモレンスク公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スモレンスク公ロシア語: Князь Смоленский)は、スモレンスク公国の君主の称号である(「公」は「クニャージ」からの訳出による)。スモレンスク公国はキエフ大公国の一部を成した公国であり、1404年リトアニア大公国に併合されるまで存続した。

初代のスモレンスク公は、ウラジーミル1世の末子・スタニスラフだった。1050年代にはヤロスラフ1世の子たちが、1070年代にはヤロスラフ1世の孫のウラジーミル・モノマフが公となった。1125年まで(途中断絶を含む)モノマフの子たちが公を務め、1125年にモノマフの孫のロスチスラフが公となり、以降はリトアニア大公国に併合されるまで、ロスチスラフの子孫が公位を継いだ。

留意事項

  • 各人物は、文献によっては「~世」・「~公」等の数えや通称の併記、あるいは洗礼名での表記などにより、異なる表記がなされている可能性がある。
  • 各人物は、他の称号の元で異なる数えがなされる可能性がある。(例:ウラジーミル・フセヴォロドヴィチはスモレンスク公としては一人目のウラジーミルであるが、キエフ大公としては「ウラジーミル2世」となる。)

スモレンスク公の一覧[編集]

スモレンスク・ロスチスラフ家

注釈[編集]

スモレンスク・ロスチスラフ家家系図(略図)[編集]

ロスチスラフ - スモレンスク公、ノヴゴロド公、キエフ大公
 
 
? エレナ(ru)[1] / 夫:ポーランド王カジミェシュ2世
 
 
 
アガフィヤ / 夫:ノヴゴロド・セヴェルスキー公オレグ →ルィリスク公
 
 
 
? アグラフェナ(ru) / 夫:リャザン公イーゴリ
 
 
 
娘 / 夫:ロストフ公ムスチスラフ(ru)
 
 
 
スヴャトスラフ(ru) - ノヴゴロド公
 
 
 
ロマン - スモレンスク公、キエフ大公、ノヴゴロド公 / 妻:ノヴゴロド・セヴェルスキー公スヴャトスラフ(ru)
 
 
 
 
 
娘 / 夫:ヴィテプスク公フセスラフ
 
 
 
 
 
ヤロポルク(ru) - スモレンスク公、トリポリエ公
 
 
 
 
 
 
 
ヴィスラヴァ / 夫:ポメラニア公Bogusław1世(ru) ?
 
 
 
 
 
ムスチスラフ - プスコフ公、スモレンスク公、ベルゴロド公、キエフ大公
 
 
 
 
 
 
アガフィヤ(ru) / 夫:ノヴゴロド公コンスタンティン
 
 
 
 
 
 
スヴャトスラフ - ノヴゴロド公、ポロツク公、スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
フセヴォロド - プスコフ公、ノヴゴロド公、スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
? イジャスラフ - テレボヴリ公、プチヴリ公、ノヴゴロド・セヴェルスキー公、キエフ大公、カメネツ公
 
 
 
 
 
 
? ロスチスラフ ※
 
 
 
リューリク(ru) - オヴルチ公、キエフ大公、チェルニゴフ公 / 妻:1人目 - ポロヴェツ族汗ベルク娘、2人目 - トゥーロフ公ユーリー娘・アンナ
 
 
 
 
 
アナスタシヤ / 夫:ペレヤスラヴリ公、チェルニゴフ公等グレプ(ru)
 
 
 
 
 
プレドスラヴァ / 夫:ヴォルィーニ公ロマン
 
 
 
 
 
ヤロスラヴァ / 夫:ヴォルィーニ公、ペレムィシュリ公スヴャトスラフ(ru)
 
 
 
 
 
フセスラヴァ / 夫:リャザン公ヤロスラフ(ru)
 
 
 
 
 
ロスチスラフ - トルチェスク公、キエフ大公、ヴィシュゴロド公、ガーリチ公 / 妻:キエフ大公、ウラジーミル大公等フセヴォロド娘・ヴェルフスラヴァ
 
 
 
 
 
ウラジーミル - ペレヤスラヴリ公、スモレンスク公、オヴルチ公、キエフ大公
 
 
 
 
 
 
マリナ / 夫:ノヴゴロド公フセヴォロド(ru)
 
 
 
 
 
 
娘 / 夫:ベルズ公、ヴォルィーニ公アレクサンドル(ru)
 
 
 
 
 
 
ロスチスラフ(ru) - オヴルチ公
 
 
 
 
 
 
アンドレイ - ベルズ公
 
 
 
ダヴィド - スモレンスク公
 
 
 
 
 
娘 / 夫:リャザン公グレプ
 
 
 
 
 
娘 / 夫:ヴィテプスク公ヴァシリコ
 
 
 
 
 
? ムスチスラフ(ボリス) - ノヴゴロド公、ヴィシュゴロド公
 
 
 
 
 
ムスチスラフ(フョードル) - スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
 
?ロスチスラフ ※
 
 
 
 
 
コンスタンティン
 
 
 
 
 
 
→フォミン公・ベレズ公
 
 
 
ムスチスラフ - ベルゴロド公、スモレンスク公、ノヴゴロド公 / 妻:1人目 - ガーリチ公ヤロスラフ(ru)娘、2人目 - リャザン公グレプ(ru)娘・フェオドシヤ
 
 
 
 
ダヴィド - トロペツ公
 
 
 
 
ウラジーミル(ru) - プスコフ公、ルジェフ公
 
 
 
 
 
 
ヤロスラフ(ru) - プスコフ公
 
 
 
 
ムスチスラフ - トリポリエ公、トロペツ公、ノヴゴロド公、ガーリチ公、トルチェスク公 / 妻:ポロヴェツ族汗コチャン娘・マリヤ
 
 
 
 
 
ロスティスラヴァ(フェオドシヤ) / 夫:ペレヤスラヴリ公、キエフ大公、ウラジーミル・スーズダリ大公等ヤロスラフ
 
 
 
 
 
エレナ(マリヤ) / 夫:ガーリチ公アンドラーシュ(ru)
 
 
 
 
 
アンナ / 夫:ガーリチ公、ヴォルィーニ公、キエフ大公等ダニール
 
 
 
 
 
ヴァシリー - トルジョーク公
 
 
 
 
 
? イジャスラフ - テレボヴリ公、プチヴリ公、ノヴゴロド・セヴェルスキー公、キエフ大公、カメネツ公
 
 
 
 
 
 
 
 
(以下、上記家系図の※から繋がる)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロスチスラフ - スモレンスク公、キエフ大公
 
 
フョードル(ru) - ヤロスラヴリ公、モジャイスク公、スモレンスク公 / 妻:1人目 - ヤロスラヴリ公女アナスタシヤ、2人目 - ジョチ・ウルス汗モンケ - テムル娘アンナ
 
 
 
 
 
娘 / 夫:ガーリチ・ドミトロフスキー公ダヴィド(ru)
 
 
 
 
 
娘 / 夫:ベロオゼロ公ミハイル(ru)
 
 
 
 
 
ダヴィド(ru) - ヤロスラヴリ公
 
 
 
 
 
コンスタンティン(ru) - ヤロスラヴリ公
 
 
 
ミハイル - ムスチスラヴリ公、スモレンスク公
 
 
 
 
 
アンドレイ - ヴャジマ公
 
 
 
? グレプ - スモレンスク公
 
 
 
 
ロマン - ノヴゴロド公、ムスチスラヴリ公
 
 
 
 
 
 
オリガ / 夫:ルーシ王レフ(ru)
 
 
 
 
 
 
ドミトリー - ブリャンスク公
 
 
 
 
 
 
ヴァシリー - ブリャンスク公
 
 
 
 
スヴャトスラフ(ru) - モジャイスク公、ブリャンスク公
 
 
 
 
 
 
グレプ(ru) - ブリャンスク公
 
 
 
 
 
 
フョードル - ドロゴブーシュ公、ヴャジマ公
 
 
 
 
アレクサンドル - スモレンスク公
 
 
 
 
 
? ソロモニダ(エレナ)(ru) / 夫:モスクワ大公イヴァン
 
 
 
 
 
? ドミトリー - ブリャンスク公
 
 
 
 
 
? ミハイル - ブリャンスク公
 
 
 
 
 
ヴァシリー - ブリャンスク公
 
 
 
 
 
イヴァン - スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
エレナ / 夫:トヴェリ大公ヴァシリー
 
 
 
 
 
 
ヴァシリー - ブリャンスク公?
 
 
 
 
 
 
スヴャトスラフ - スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
 
アグリッピナ / 夫:Alšėniškiai公イヴァン(ru)
 
 
 
 
 
 
 
ユリヤナ / 夫:リトアニア大公国(マンヴィーダス家(lt)アルベルタス
 
 
 
 
 
 
 
? アンナ / 夫:リトアニア大公ヴィータウタス
 
 
 
 
 
 
 
イヴァン - ヴャジマ公、ポルホフ公?
 
 
 
 
 
 
 
グレプ(ru) - スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
 
ユーリー(ru) - スモレンスク公
 
 
 
 
 
 
 
 
アナスタシヤ(ru) / 夫:モスクワ大公、ガーリチ・メルスキー公、ズヴェニゴロド公ユーリー(ru)
 
 
 
 
 
 
 
 
フョードル - スモレンスク公?
 

脚注[編集]

  1. ^ V.N.タチーシチェフ(ru)は、1113年から、兄弟のグレプ・ウラジミロヴィチという人物が共同統治を行ったと述べているが、他の歴史家はグレプの存在を否定している。

出典[編集]

  1. ^ Жизнеописание Даниила Галицкого

参考文献[編集]

  • Кузьмин А. В. Князья Можайска и судьба их владений в XIII—XIV в.: Из истории Смоленской земли // Древняя Русь. Вопросы медиевистики. — 2004. — № 4 (18).
  • Веселовский С. Б. Всеволожи-Заболотские // Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — М., 1969. — С. 331—358.
  • Веселовский С. Б. Смоленские князья [Фоминские, Полевы, Еропкины, Порховские] // Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — М., 1969. — С. 359—373.
  • Веселовский С. Б. Монастыревы // Веселовский С. Б. Исследования по истории класса служилых землевладельцев. — М., 1969. — С. 374—396.
  • Любимов С. В. Жижемские // Любимов С. В. Опыт исторических родословий: Гундоровы, Жижемские, Несвицкие, Сибирские, Зотовы и Остерманы. — Пг., 1915. — С. 14—34. (Присутствуют ошибки и сбои в поколениях).
  • Рапов О. М. Княжеские владения на Руси в X — первой половине XIII в. — М., 1977.