ジョヴァンニ・アントニオ・スコポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Giovanni Antonio Scopoli
Deliciæ Floræ et Faunæ Insubricæ (1786)の図版

ジョバンニ・アントニオ・スコポリ(Giovanni Antonio Scopoli、ラテン語名はJohannes Antonius Scopolius、1723年6月3日 - n1788年5月3日)は、イタリア医師博物学者である。伝記作家のオットー・ググリナ(Otto Guglia)によれば、"first a-national European" 、"Linnaeus of the Austrian Empire"(「オーストリア帝国リンネ」)と称されている [1]

チロル地方のヴァル・ディ・フィエンメのカヴァレーゼに生まれた。父親はイタリア出身の法律家であった。インスブルック大学で医者の教育を受け、カバレーゼや、ヴェネツィアで医師を開業した。この頃、しばしばアルプス植物昆虫を採集し、膨大なコレクションを作った。

2年間、オーストリアの Seckauの司教の私設秘書を務め、1754年にハプスブルク君主国のIdrijaの水銀鉱山の医者に任じられ、1769年まで働いた。1761年に水銀鉱夫たちの水銀中毒に関する著書、De Hydroargyro Idriensi Tentaminaを発表した。

カルニオーラ(Carniola:現在のスロベニアの一部)の植物や昆虫の自然史の著書、Flora Carniolica (1760)やEntomologia Carniolica (1763)を出版した。各地の鳥の記述をしたAnni Historico-Naturales (1769–72)を出版した。

1769年に、バンスカー・シュチャヴニツァの鉱山学校の化学と金属学の教授に任命され、1777年にパヴィア大学に移った [2]。パヴィア大学ではラザロ・スパランツァーニと争い、標本の盗難に関して、スパランツァーニは長い裁判の結果、無罪となった。この裁判の後、スコポリは心臓病で没した[3]北イタリアの動植物についての著書、Deliciae Flora et Fauna Insubricae[4] (1786–88)が最後の著作になった。

ナス科の植物のハシリドコロ属 (Scopolia) に献名され、ハシリドコロ属からは初めてアルカロイドスコポラミンが発見された。

著書[編集]

  • De affectibus animi dissertatio physico-medica. Trient 1753.
  • Flora Carniolica. Edler von Trattner, Wien 1760; 2.Aufl. Wien 1772.
  • Entomologica carniolica. Edler von Trattner, Wien 1763.
  • Annus I-V historico-naturalis. Hilscher, Leipzig 1768-72. (Enthält Erstbeschreibungen von Tierarten für heute noch gültige Wissenschaftliche Namen)
  • Einleitung zur Kenntniß und Gebrauch der Foßilien. Für die Studirenden. Verlag Johann Friedrich Hartknochs, Riga und Mietau 1769. (eine frühe Systematik der Minerale und Gesteine)
  • Bemerkungen aus der Naturgeschichte. Leipzig 1770.
  • Abhandlung vom Kohlenbrennen. Wien 1771.
  • De Hydrargyro Idriensi tentamina physico-chymico-medica. Jena, Leipzig 1771.
  • Preis-Schrift über die Frage von den Ursachen des Mangels an Dünger in Görtz und Gradiska. Wien 1771.
  • Dissertationes ad scientiam naturalem pertinentes. Gerle, Prag 1772.
  • Principia mineralogiæ systematicæ et practicæ succincte exhibentia structuram telluris. Gerle, Prag 1772.
  • Crystallographia Hungarica. Gerle, Prag 1776.
  • Fundamenta chemicae praelectionibus publicis accomodata. Gerle, Prag 1777.
  • Introductio ad historiam naturalem. Gerle, Prag 1777.
  • Principi di mineralogia. Venedig 1778.
  • Fundamenta botanica. Wappler, Pavia, Wien 1783-86.
  • Anfangsgründe der Metallurgie. Moeßle, Schwan & Götz, Wien, Mannheim 1786-89.
  • Deliciae Flora et Fauna Insubricae. Salvatoris, Pavia 1786-88.
  • Elementi di chimica e di farmacia. Pavia 1786.
  • Physikalisch-chemische Abhandlung vom Idrianischen Quecksilber und Vitriol. Lindauer, München 1786.
  • Abhandlung von den Bienen und ihrer Pflege. Wien 1787.

参考文献[編集]

  1. ^ Soban, Branko. "A Living Bond between Idrija and Uppsala". The Slovenian. http://www.theslovenian.com/articles/soban.htm. Retrieved 4 April 2012
  2. ^ Newton, Alfred 1881. Scopoli's ornithological papers. The Willoughby Society.
  3. ^ Mazzarello, Paolo 2004. Costantinopoli 1786: la congiura e la beffa. L'intrigo Spallanzani. Bollati Boringhieri

ウィキメディア・コモンズには、ジョヴァンニ・アントニオ・スコポリに関するカテゴリがあります。