ジョン・シャリカシュヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・シャリカシュヴィリ
John Malchase David Shalikashvili
General John Shalikashvili military portrait, 1993.JPEG
1993年
生誕 1936年6月27日
ポーランドの旗 ポーランドワルシャワ
死没 2011年7月23日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州 タコマ
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1959 - 1997
最終階級

陸軍大将

テンプレートを表示

ジョン・マーチェイズ・デイヴィッド・シャリカシュヴィリJohn Malchase David Shalikashviliグルジア語: ჯონ მალხაზ დავით შალიკაშვილი1936年6月27日 - 2011年7月23日[1])は、アメリカ陸軍の軍人。第13代アメリカ軍統合参謀本部議長を務めた。最終階級は大将

厳密に言えば、シャリカシュヴィリはポーランド在住のグルジア人の父親とポーランド人の母親との間で生まれたグルジア=ポーランド系アメリカ人である。アメリカには珍しい『~シュヴィリ』というグルジア語の姓である。

略歴[編集]

初期[編集]

1936年にポーランドワルシャワで、グルジア人亡命貴族ドミトリー・シャリカシュヴィリと、帝政ロシア時代にポーランドにおいて将軍を務めたポーランド貴族の娘マリアのもとに生まれる。

父ドミトリーはロシア帝国の軍人で、ロシア革命により帝政が崩壊すると、革命の混乱の中で独立したグルジア民主共和国中佐となる。1921年にグルジアが赤軍に占領されると、帝政の支持者だったドミトリーは家族を連れてポーランドに亡命した。ナチス・ドイツソ連ポーランドに侵攻第二次世界大戦が勃発するとドミトリーは当初ポーランド軍のグルジア人部隊将校としてドイツと闘った。ポーランドがドイツに占領され、のちにドイツがソ連に対する戦争を開始すると、このグルジア人部隊はドイツ国防軍の「グルジア大隊」に組み入れられ、ドミトリーはソ連軍と戦った(このことが、後にサイモン・ヴィーゼンタール・センターに暴露され、アメリカ国内のユダヤ人団体から批判された)。その間、ジョンを含めマリアや子供たちはドイツが占領するワルシャワに住んでいた。

やがてソヴィエト軍がワルシャワに接近したため、1943年に一家はドイツパッペンハイムに移る。1952年にはアメリカイリノイ州ピオリアに移住した。1958年にアメリカの市民権を取得[1]

アメリカ軍人[編集]

左:ウィリアム・コーエン国防長官、右:ジョン・シャリカシュヴィリ統合参謀本部議長(1997年7月31日、国防総省の記者会見にて)
自身の退役セレモニーで挨拶を述べるシャリカシュヴィリ(1997年9月30日)

1958年にはブラッドリー大学を卒業し、機械工学の学士号を取得。同年、陸軍に召集され、士官候補生学校を経て1959年少尉に任官。以後、海軍指揮幕僚大学および陸軍大学を経て、1982年には准将に昇進。陸軍参謀本部戦略計画副部長に任命される。この間にアラスカドイツイタリアヴェトナム韓国勤務等を経験し、ジョージ・ワシントン大学で国際関係学の修士号を取得している。

1984年、ふたたびドイツに戻り、第1機甲師団副師団長となる。1986年、陸軍参謀次長補(作戦計画担当)兼戦略計画部長に任命され、少将に昇進。1987年から1989年にかけては、第9歩兵師団長を務めた。1989年には中将となり、在欧アメリカ軍副司令官兼第7軍司令官としてドイツに赴任。

1991年湾岸戦争に際しては湾岸地域への兵器輸送を指揮。同年4月には、困難をきわめたクルド難民支援作戦の指揮官に抜擢され、これを成功させる。このときのシャリカシュヴィリの作戦行動は、難民キャンプの恒久化を巧みに避ける配慮がなされており、難民問題の専門家からも高く評価された。

1991年8月、ワシントンに戻り、統合参謀本部議長補佐官に就任。ついで大将に昇進し、1992年から1993年にかけてNATOヨーロッパ連合軍最高司令官兼在欧アメリカ軍司令官を務める。1993年10月、コリン・パウエルの後をうけて第13代統合参謀本部議長に指名され、1997年に退役するまでこの任にあたった。

ナチス協力者の父のもとに生まれ、ポーランド移民としてアメリカに渡り、一兵卒として召集されてアメリカ軍のトップに上り詰めたという異色の経歴の持ち主。軍人らしからぬ温和な風貌、控え目で善良な人柄で知られ、湾岸戦争等で発揮された卓越した作戦遂行能力により、第二次世界大戦後のアメリカ屈指の名将と評価されている。

退役後[編集]

スタンフォード大学国際研究所で客員教授を務めた。

2011年7月23日、ワシントン州の陸軍病院で死去。75歳没[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ジョン・シャリカシュビリ氏=元米統合参謀本部議長 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  2. ^ 米陸軍大将 シャリカシュビリ氏死去 - MSN産経ニュース
  3. ^ 訃報:ジョン・シャリカシュビリさん75歳=米陸軍大将 - 毎日jp(毎日新聞)

外部リンク[編集]

軍職
先代:
デヴィッド・E・ジェレマイア
第13代:アメリカ統合参謀本部議長
1993 - 1997
次代:
ヘンリー・H・シェルトン