ジャン1世 (ブラバント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン1世(Jean Ire de Brabant, 1253年 - 1294年5月3日)は、ブラバント公(在位:1267年 - 1294年)、リンブルフ公(在位:1288年 - 1294年)。父はアンリ3世、母はブルゴーニュ公ユーグ4世の娘アデライード。アンリ4世の弟。

1267年、兄のアンリ4世を精神薄弱を理由に廃位させ、ブラバント公を継いだ。1283年、リンブルフ女公イルムガルトの死後に相続争いが勃発したが、ジャンは1288年ヴォーリンゲンの戦いに勝利、ルクセンブルク伯ハインリヒ6世を討ち取り、リンブルク公国を支配下に収めた。

1270年フランスルイ9世の娘マルグリットと結婚、翌年に息子を出産したが母子共に死去した。

1273年フランドル伯ギー・ド・ダンピエールの娘マルグリットと再婚、4人の子を儲けた。

  1. ゴドフロワ(1274年 - 1283年)
  2. ジャン2世(1275年 - 1312年)
  3. マルグリット(1276年 - 1311年) - 神聖ローマ皇帝兼ルクセンブルク伯ハインリヒ7世と結婚。
  4. マリー(1278年 - 1338年) - サヴォイアアメデーオ5世と結婚。
先代:
アンリ4世
ブラバント公
1267年 - 1294年
次代:
ジャン2世
先代:
イルムガルト
リンブルフ公
1288年 - 1294年
次代:
ジャン2世