ユーグ4世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユーグ4世フランス語Hugues IV, 1213年3月9日 - 1271年10月27日)は、ブルゴーニュ公(在位:1218年 - 1271年)。ウード3世とその2番目の妃アリックス・ド・ヴェルジーの息子。

1218年に父の死去により公位を嗣いだ。1239年には、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世ナバラテオバルド1世シャンパーニュ伯ティボー4世)が組織した第6回十字軍に参加した。ブルゴーニュ兵はコーンウォール伯リチャードと連合し、1241年にはアイユーブ朝と平和条約を結んだ。またユーグ4世はこの数年前にニカイア帝国に滅ぼされていたテッサロニキ王国の王位も要求した。

ユーグ4世は、ブルゴーニュ公国の版図にシャロン=スュル=ソーヌオクソンヌ(Auxonne)を加えた。

最初の妃であるドルー伯ロベール3世の娘ヨランドとの間に、ウード(ヌヴェール伯およびオセール伯)、アリックス(ブラバント公アンリ3世妃)、ロベールらをもうけた。また2番目の妃であるナバラ王テオバルド1世の王女ベアトリスとの間には、ドイツ王ルドルフ1世の妃となったイザベラ(エリザベート)らが生まれた。長男のウード、次男のジャンに先立たれたため、三男のロベールが後を継いだ。ナポリシャルル・ダンジューの2番目の王妃マルゲリータ・ディ・ボルゴーニャはウードの娘でユーグの孫娘である。

先代:
ウード3世
ブルゴーニュ公
1218年 - 1271年
次代:
ロベール2世