ジャン2世 (ブラバント公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jan2Brabant.jpg

ジャン2世(Jean II de Brabant, 1275年9月27日 - 1312年10月27日)は、ブラバント公(在位:1294年 - 1312年)。ジャン1世フランドル伯ギー・ド・ダンピエールの娘マルグリットの子。

1290年イングランドエドワード1世エリナー・オブ・カスティルの娘マーガレットと結婚した。この結婚でイングランドの支援を得てエノー伯を侵略、ジャン2世を捕虜にしたが、子のギヨーム1世の反撃を受けて征服地を奪回された。

1312年に死去、マーガレットとの間の一人息子ジャン3世(1300年 - 1355年)が後を継いだ。

先代:
ジャン1世
ブラバント公
1294年 - 1312年
次代:
ジャン3世