レニエ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レニエ家(レニエけ、:Famille des Régnier, :Reginare)は、ロタリンギア発祥のカロリング朝時代以降から14世紀まで現在の北フランスベルギーおよび南オランダを領した貴族の家系。ロレーヌ公およびエノー伯ブラバント公ヘッセン方伯を出した。

歴史[編集]

ロートリンゲン大公[編集]

910年、ロートリンゲン大公ゲープハルト(後のドイツ王コンラート1世の叔父)が戦死したロートリンゲン(ロレーヌ、ロタリンギア)において、エノー伯レニエ1世は親西フランク派リーダーとして、親東フランク派と対立した。最終的に親西フランク派が勝利し西フランク王シャルル3世がロタリンギア王となり、ドイツ王コンラート1世はロートリンゲンにおける家領を失った。その後、ロートリンゲンでは有力者間の対立から、東西フランク両王家の戦いが再び勃発し、921年にはいったん休戦したが、西フランク王国で王位争いが勃発し混乱する中、レニエ1世の子ギゼルベルト(2世)は東フランク側につくに至った。925年にロートリンゲンを東フランク側に取り戻したドイツ王ハインリヒ1世は、ギゼルベルトを改めて正式にロートリンゲン大公に任じるとともに娘ゲルベルガを嫁がせ、関係を深めた。しかし939年、ギゼルベルトは皇帝オットー1世の弟ハインリヒを支援してオットー1世に対抗し、同年戦死した。

エノー伯[編集]

ギゼルベルト2世の弟レニエ2世の子孫はエノー伯を継承したが、リシルド女伯がフランドル伯ボードゥアン6世と結婚し、エノー伯位はフランドル家に渡った。

ブラバント公[編集]

エノー伯レニエ4世の弟ランベール1世の系統はルーヴァン伯となり、周辺の伯領を併合するなどして勢力を広げていった。ジョフロア1世は皇帝ハインリヒ5世より下ロレーヌ公に任ぜられ、子孫はブラバント公と称した。さらに1288年、ブラバント公ジャン1世はヴォーリンゲンの戦いでルクセンブルク伯に勝利し、リンブルク公領を併合した。同家の最後の公ジャンヌの妹マルガレーテとフランドル伯ルイ2世との間の娘で相続人のマルグリットがブルゴーニュ公フィリップ2世と結婚し、同家の領地はブルゴーニュ公家に相続された。

ヘッセン方伯[編集]

ブラバント公アンリ2世ルードヴィング家チューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世娘ゾフィーと二度目の結婚をした。1247年ハインリヒ・ラスぺの死によりルードヴィング家の男系が断絶し、姻戚関係にあるヴェッティン家とブラバント公家との間で継承戦争が勃発した。結果として、ルードヴィング家領のうちヘッセンをブラバント公家が相続し、アンリ2世とゾフィーとの子であるハインリヒ1世がヘッセン方伯となり、以後その子孫がヘッセン領を相続した。

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギゼルベルト1世
マースガウ伯
 
イルムガルト
(イタリア王ロタール1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レニエ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ4世
西フランク王
 
ゲルベルガ
(ドイツ王ハインリヒ1世娘)
 
ギゼルベルト2世
 
 
 
レニエ2世
 
アデライード
(ブルゴーニュ公リシャール娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロテール
西フランク王
 
ハインリヒ
 
ジュルベルジュ
=ヴェルマンドワ伯アルベール1世
 
 
 
レニエ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘートヴィヒ
(フランス王ユーグ・カペー娘)
 
レニエ4世
 
 
 
 
 
ランベール1世
ルーヴァン伯
 
ジュルベルジュ
カロリング家下ロレーヌ公シャルル娘)
 
モンフォール家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
アルデンヌ家ヴェルダン伯ヘルマン娘)
 
レニエ5世
 
 
 
アンリ1世
ルーヴァン伯
 
ランベール2世
ルーヴァン伯
 
オーダ
アルデンヌ家ロレーヌ公ゴツェロ1世娘)
 
マティルダ
=ブローニュ伯ウスタシュ1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボードゥアン6世(1世)
フランドル伯
 
リシルド
 
エルマン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ2世
ルーヴァン伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランドル家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェルトリュード
(フランドル伯ロベール1世娘)
 
アンリ3世
ルーヴァン伯
 
ジョフロア1世
下ロレーヌ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アデライード
=ロレーヌ公シモン1世
 
 
 
ジョフロア2世
 
アデライザ
1=英王ヘンリー1世
2=アランデル伯ウィリアム・ド・アールビニー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルガレーテ
(リンブルフ公ハインリヒ2世娘)
 
ジョフロア3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マティルダ
(ブローニュ伯マシュー・ダルザス娘)
 
アンリ1世
 
マリー
(フランス王フィリップ2世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マリア
(皇帝フィリップ娘)
 
アンリ2世
 
ゾフィー
(チューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世娘)
 
マティルド
1=ライン宮中伯ハインリヒ6世
2=ホラント伯フロリス4世
 
マリー
1=皇帝オットー4世
2=ホラント伯ウィレム1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ3世
 
ハインリヒ1世
ヘッセン方伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ4世
 
ジャン1世
兼リンブルフ公
 
マリー
=フランス王フィリップ3世
 
ヘッセン家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルガレーテ
=皇帝ハインリヒ7世
 
ジャン2世
兼リンブルフ公
 
ルイ
エヴルー伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヨハン
ボヘミア王
ルクセンブルク伯
 
ジャン3世
兼リンブルフ公
 
マリー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ギヨーム2世
エノー・ホラント伯
 
ジャンヌ
兼リンブルフ女公
 
ヴェンツェル1世
ルクセンブルク公
 
 
 
マルガレーテ
 
ルイ2世
フランドル伯
 
マリー
=ゲルデルン公レイナルト3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ1世
ブルゴーニュ公
 
マルグリット3世
フランドル女伯
ブルゴーニュ女伯
 
フィリップ2世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァロワ=ブルゴーニュ家
凡例

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 成瀬治 他 編『世界歴史大系 ドイツ史 1』山川出版社、1997年
  • 下津清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年
  • 森田安一 編『新版 世界各国史14 スイス・ベネルクス史』山川出版社、1998年
  • Jiri Louda, Michael Maclagan, Lines of Succession, Little, Brown & Company, 1981.