ジェームズ・ハリントン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェイムズ・ハリントンを描いた油絵, 1635年頃

ジェイムズ・ハリントン (: James Harrington または r が1つの Harington) (1611年1月3日 - 1677年9月11日)はイングランドの古典的共和主義 (classical republicanism思想の政治哲学者[1]1656年に著した共和国論『オセアナ』が有名[2]

生涯[編集]

ジェイムズ・ハリントンは1611年、父サプコテス・ハリントン(Sapcote(s) Harrington)と母ジェーン(Jane Samwell or Samuell)の子としてノーザンプトンシャーのアプトンに生まれた。1615年に死んだ初代エクストンのハリントン卿 (John Harington, 1st Baron Harington of Extonは大伯父にあたる。

1629年、彼はオックスフォードのトリニティ・カレッジ (Trinity College, Oxfordに特別自費生(gentleman commoner)として入学。在学中の1629年に父が死去しており、2年後に学位をとらずに退学した。ハリントンは死んだ父の遺産でヨーロッパ大陸へと渡った。彼は一時ドイツ義勇軍に入り、その後オランダ、デンマーク、ドイツ、フランス、イタリアへと旅を続けた。旅の際、教皇の足への口づけを拒んだり、ヴェネツィアへの旅の際にイタリア共和主義の知識を得たりしていたと言われる。

ハリントンは1636年頃にイングランドへと戻り、国王チャールズ1世の供をして1639年からのスコットランド攻略、すなわち主教戦争に加わった。この戦争は失敗に終わり、それが元で国王は議会と対立、イングランド内戦が起こる。その結果国王は議会に囚われ、イングランド北部のニューカッスル・アポン・タインに拘束されたが、ハリントンの強引な手法でロンドン近くのホールディンビー・ハウス (Holdenby Houseに移された。ハリントンは1647年5月に王室執事 (gentleman groom of the royal bedchamberとなった。しかし1648年に国王は再び議会派に捕まり、翌1649年に処刑された。

1737年に再出版された『オセアナ』の表紙

国王チャールズの死後、ハリントンは共和国論『オセアナ』の執筆に没頭する。この作品は一度は護国卿となっていたオリバー・クロムウェルに没収されたが、クロムウェルの娘クレイポア夫人のとりなしで返却され、1656年にクロムウェルに捧げる形で出版された[3]。『オセアナ』には、執政官と議員を無記名投票・任期制で選ぶよう述べられており、オリバー・クロムウェル死後ハリントンらはロータ・クラブと呼ばれる組織を作ってこれを実現するよう運動したが、成功はしなかった[4]

オリバー・クロムウェルの死後、共和制は短期間で終わり、1660年チャールズ2世が王位に就いて王政復古となる (Stuart Restoration1661年12月28日、ハリントンは逮捕され、まともな裁判も無いままにロンドン塔に幽閉される。これを不当としてハリントンの姉妹らはヘイビアス・コーパス(保護令状)を出すが効果なく、プリマス沿岸のセントニコラス島 (St Nicholas Islandに移された。しばらくしてハリントンは親戚から援助された5000ポンドの保釈金で釈放される。1675年、ハリントンはバッキンガムシャーの貴族の娘と結婚するが、子が無いままその2年後の1677年に死去、ウェストミンスター聖マーガレット教会に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ "England's premier civic humanist and Machiavellian. He was not the first to think about English politics in these terms..., but he was the first to achieve a paradigmatic restatement of English political understanding in the language and world-view inherited through Machiavelli." Pocock, "Intro", p. 15.
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目電子辞書版 (c)2006, Britannica Japan Co.,Ltd.
  3. ^ Pocock writes that this explanation of Cromwellian censorship "has the authority of family tradition, but is not especially convincing." More credible, he finds, is that Oceana criticizes the Protectorate's maintenance of a standing army (in order to hold power), a concept clearly denounced in Oceana and other English republican tracts of the time, in favor of locally controlled regiments (militia). Pocock, "Intro", 8-9.
  4. ^ the Rota being "a select debating society" which conducted "high quality discussions" where "proposals were formally voted on" by members of "salience", which may have included Samuel Pepys. Höpfl, ODNB, p. 388.

参考文献[編集]

  • H.M. Höpfl, "Harrington, James", Oxford Dictionary of National Biography, vol. 25, eds. H.C.G. Matthew; Brian Harrison (Oxford: 2004), 386-391. cited as 'Höpfl, ODNB'.
  • J.G.A. Pocock, "Editorial and Historical Introductions", The Political Works of James Harrington (Cambridge: 1977), xi-xviii; 1-152. [hb: ISBN 0-521-21161-1]; cited as 'Pocock, "Intro"'.

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.  Portions have also been adapted from Pocock, "Intro" and Höpfl, ODNB.

Further reading[編集]

  • Blitzer, Charles. An Immortal Commonwealth: the Political Thought of James Harrington (Hamden, Conn.: Archon Books, 1970;1960); [ISBN 0-208-00811-X].
  • Cotton, James. James Harrington's Political Thought and its Context (New York: Garland Pub., 1991); [ISBN 0-8153-0130-8].
  • Dickinson, W. Calvin. James Harrington's Republic (Washington, DC: University Press of America, 1983); [ISBN 0-8191-3019-2].
  • Downs, Michael. James Harrington (Boston: Twayne Pubs., 1977); [ISBN 0-8057-6693-6].
  • Fukuda, Arihiro, "Sovereignty and the Sword: Harrington, Hobbes, and Mixed Government in the English Civil Wars” (Clarendon Press, 1997) [ISBN-10: 0198206836, ISBN-13: 978-0198206835].
  • Pocock, J.G.A. "Interregnum: the Oceana of James Harrington", chapter 6 in Pocock, The Ancient Constitution and the Feudal Law: a Study of English Historical Thought in the Seventeenth Century, a reissue with a retrospect (Cambridge: 1987;1957); [pb: ISBN 0-521-31643-X].
  • Pocock, The Work of J.G.A. Pocock: Harrington section.
  • Russell-Smith, Hugh Francis. Harrington and his Oceana; a story of a 17th century Utopia and its influence in America (New York: Octagon Books, 1971); [ISBN 0-374-96996-5].
  • Scott, Jonathan. "The Rapture of Motion: James Harrington's Republicanism", in Nicholas Phillipson; Quentin Skinner, eds. Political Discourse in Early Modern Britain (Cambridge: 1993), 139-163; [ISBN 0-521-39242-X].

外部リンク[編集]