ジェシー・リバモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェシー・ローリストン・リバモア(Jesse Lauriston Livermore、1877年7月26日 - 1940年11月28日)はアメリカの著名な投機家、相場師である。「ウォール街のグレートベア」という異名をもつ。

概要[編集]

マサチューセッツ州シュルーズベリーShrewsbury)出身。

農業を継がせようとしていた父に反発し、母の手助けにより14歳で家を飛び出した。15歳よりボストンで合百(バケットショップ(bucket shop):株式市場外で賭博のような株取引を行うところ。当時、アーノルド・ロススタインを筆頭とするギャング達が仕切っていた)で取引を始め、1000ドルの資金を作った時から彼の投機家としてのキャリアが始まった。1897年ニューヨークウォール街にて取引を開始するも6ヶ月足らずで破産する(1度目の破産)。これは彼自身が後に語ったところによると、注文が即刻執行される合百の取引スタイルと、注文の執行にタイムラグがあるニューヨーク証券取引所の取引スタイルの差異に起因するものであった。

1900年10月、ネティ・ジョーダンと1度目の結婚。

1901年、強気の相場に乗り5万ドルの資産を作る。その後、この5万ドルを空売りに投じる。株価が下落するという彼の読みは正しかったものの注文の執行タイミングが遅れたため、直後の株価の反騰の波に飲まれ、同年5月に2度目の破産。妻・ネティのために購入した高額の宝石類を質入して投機につぎ込むという頼みを断られたことをきっかけに、夫婦仲は悪化し別居が始まった。

1907年、2度の破産から立ち直り、100万ドルの資産を保有するようになる。

1907年10月24日、NY市場が金融崩壊の危機に陥ったときJ・P・モルガンより市場救済の要請を受ける。J・P・モルガンは「トラストトラスト」と呼ばれており、十数社の鉄道事業者買収し再編、GEUSスチールAT&Tなどを設立し、当時のアメリカで絶大な権力を誇っていた。このときリバモアは大量の売りポジションを持っており、もし彼が売り続ければNY市場は本当に崩壊しかねない状態であった。

これを受け翌10月25日の朝、リバモアは猛然と買い戻しに入り、主要なあらゆる株をも買い捲る行動に出た。これをきっかけに市場の流れは変わり、暴騰相場が始まった(しかし一方でリバモアは、買った株を同日密かに売り抜けていた)。銀行家達は、リバモアの愛国的な行為に感謝した(彼は愛国心から買いに回った訳ではなく、銀行団が資金提供に合意したとの情報を得て買いへの転向を決めたという説もある)。

その後リバモアは、「コットン・キング」の異名を持つパーシー・トーマスの勧めでコットン市場にも手を出すようになる。しかし1908年、コットン相場の大暴落で綿花の買い占めに失敗、莫大な負債を抱えることになる。

負債を抱えながら投機を続けることに限界を感じたリバモアは、債権者一人ひとりに「再起したら必ず負債は返す」と約束してまわった上で1915年2月18日、破産を申請、受理される(3度目の破産)。

破産が確定して精神的に開放されたリバモアは再び市場で勝ち始め、1917年に債権者達に負債を完済する。

同年10月に長年別居していたネティと離婚し、ショー・ガールだったドロシー・ウェントと出会って2度目の結婚。2児をもうける。

1929年9月4日暗黒の木曜日に向けた空売りを行ない、1億ドル以上の利益をあげる。

1932年9月16日、不倫が元で別居していたドロシーと離婚。離婚後しばらくしてハリエット・メッツ・ノーブルと出会い、1933年3月28日に結婚。ハリエットの結婚は4度目であり、しかも彼女の前夫たちはみな自殺していた。

1934年3月5日、4度目の破産。

1940年3月、息子ジェシー・ジュニアの勧めから『How to Trade in Stocks』を著すが評判はいま一つであった。同年11月28日ニューヨークホテルの一室で「どうしようもない。事態は悪くなるばかりだ。私は戦うのに疲れた。もう続けていけない。私にはこれしか方法がない。私は君の愛には値しない。私は失敗者だ。本当にすまないが私にはこれしか方法がないのだ」と書かれた遺書を妻に残し、ピストル自殺を遂げた。晩年はうつ病を患っていた。

彼が死に際して残した信託と現金は500万ドルにのぼっていた。

投機手法など[編集]

トレンドに従うという所は後世まで一貫しているが、年代や時期に応じて異なった手法を取り、数多くのトレードにおける失敗から開発改良を行っていた。

初期における手法は合百における超短期の売り買いを繰り返す。 いわゆるスキャルピングという手法であった。 しかしながらニューヨーク取引所における現物株式の投資ルールと、発注後即時約定され手数料も少ない合百の証拠金取引とでは取引所の方が1回辺りの売買手数料が多く、また約定のタイミングもブローカーによるタイムラグが生じてしまっていた為、失敗する。 再度合百に戻り証拠金取引でスキャルピングを続けて再起を図る。

その後ニューヨーク取引所へ復活を果たした際にはファンダメンタルズ(経済指標となる貿易統計や会社の財務状態といった内面情報、株式市場全体の様子、政治情勢)を元にした長期的な上昇と下落の予測を元にしたトレンドフォロー型のトレーディングスタイルへと変えていく

また、カリフォルニア大地震が起こる前にユニオン・パシフィック株(鉄道株の主力銘柄であり、日本で言う所の東京電力株のような存在)を大量に売り込み、実際に大地震が起きて暴落する。 といった常人ではなしえない鋭い感性が根底となるトレーディングも度々行ったようである。

増し玉を使ったトレード手法も行っているが、ピラミッティングについてはあえて自身では否定しており、時間差やそのトレンドを確認した上での分散投資であると指摘している。 フィリップス・フィッシャーの様に成長株はいつ買っても良いが、1度で全て買わずに、時間をあけて買って行くという手法に近いものがある。

人生の後半にかけては株価操縦にも携わっていた。現在と比すると当時は、株価操縦の違法性が低かった。 当時の株価操縦と現在における仕手行為は似て非なるものであり、行為そのものの違法性はあくまでもグレーゾーンの域を出る事はなく、安値で放置されている株式を、経営者やオーナーの依頼を受けて売り捌くビジネスといった見方もできる。 ちなみにリバモアは現金ではなく代わりに株価が上昇した暁に利益を得られる新株予約権を受け取るといった形で報酬を受け取っていた。

エピソード[編集]

カクテルオールド・ファッションドを非常に好んでいたエピソードが知られる。バーテンダーは彼が座ると注文を待たずに作ったという。

外部リンク[編集]