シーラ・シャーウッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
陸上競技
オリンピック
1968 メキシコ 女子 走幅跳

シーラ・シャーウッド(Sheila Sherwood、1945年10月22日- )は、イギリスの女子上競技選手。走幅跳の選手として活躍。オリンピックには1964年東京オリンピックから3大会連続出場し、1968年メキシコオリンピックでは銀メダルを獲得。イングランド中北部サウス・ヨークシャーシェフィールド出身。

経歴[編集]

パーキン(旧姓)は16歳だった1962年のときに、走幅跳で英国の学生記録を樹立した。この活躍により同年のポーランドとの対抗戦の英国代表として選出された。同大会では、前世界記録保持者で、メルボルンオリンピック金メダル、ローマでも銀メダルを獲得していたエルジュビェタ・クシェシンスカに2cmまで迫る記録で2位となり一気に世間の注目を浴びるようになった。同年にはヨーロッパ選手権とコモンウェルスゲームズにも出場しているが、ヨーロッパ選手権では12位、コモンウェルスゲームズでは5位に終わっている。

しかしその後のパーキンはさほど記録の向上が見られなかった。また同じ英国にいたマリー・ランドという大選手の陰に隠れがちであった、パーキンは、初めてのオリンピックとなった東京大会で13位という結果に終わった。(ランドは金メダル)しかし、パーキンは東京で同じ英国代表のハードラーのジョン・シャーウッドと出会う。2人は3年後に結婚するが、2人が出会って以降、シャーウッドの記録はどんどん向上していく。1966年のコモンウェルスゲームズではランドに次いで銀メダル。そして、1968年のメキシコオリンピックでは、自己ベストの6m68でルーマニアビオリカ・ビスコポレアヌに次いで銀メダルを獲得した。

1970年のコモンウェルスゲームズでは6m73と自己ベストを更新しついに優勝を果たす。しかし、シャーウッドはその後、背中を痛め競技力は下降線をたどっていく。1972年ミュンヘンオリンピックに3大会連続の代表として出場したものの9位と惨敗。1974年のコモンウェルスゲームズで7位に終わり現役を引退した。

シャーウッドはその後、故郷のシェフィールドの中学高校で体育教師となった。

自己ベスト[編集]

  • 走幅跳 - 6m73 (1970年)

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1962 コモンウェルスゲームズ パース(オーストラリア) 走幅跳 5位 -
1964 オリンピック 東京(日本) 走幅跳 13位 6m 04
1966 コモンウェルスゲームズ キングストン(ジャマイカ) 走幅跳 2位 6m30
1966 ヨーロッパ陸上選手権 ブダペスト(ハンガリー) 走幅跳 7位 6m 30
1967 ユニバーシアード 東京(日本) 走幅跳 1位 6m 32
1968 オリンピック メキシコシティ(メキシコ) 走幅跳 2位 6m 68
1970 コモンウェルスゲームズ エジンバラ(スコットランド) 走幅跳 1位 6m 73
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 走幅跳 4位 6m 62
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 走幅跳 9位 -
1974 コモンウェルスゲームズ クライストチャーチ(ニュージーランド) 走幅跳 7位 -

外部リンク[編集]