シャルル・ニュイッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シャルル=ルイ=エティエンヌ・ニュイッテルCharles-Louis-Étienne Nuitter, 1828年4月24日 - 1899年2月23日)は、フランス台本作家、翻訳家である。ニュイッテル[1]は、バレエコッペリア』やオペラオペレッタ等の台本を創作したことや、ワーグナーなどのオペラ台本をフランス語に翻訳したことで名を残している。

プロフィール[編集]

ニュイッテルはパリで生まれ、1849年から法律を学んだ。彼は頻繁に劇場に通い、1850年代には台本の執筆を始めている。執筆のメインはヴォードヴィルの台本だったが、後にはオペラ、オペレッタ、バレエも手がけた。

ニュイッテルは、500本前後の劇場作品を執筆もしくは共同執筆したと考えられている。その作品の中には、ジャック・オッフェンバック作曲のオペレッタや、レオ・ドリーブ作曲のバレエ『コッペリア』などの他、エルネスト・ギローエドゥアール・ラロアレクサンドル・シャルル・ルコックなどのものがあり、100本ほどが上演されている[2]

ニュイッテルは、リヒャルト・ワーグナーやジュゼッペ・ヴェルディのオペラ台本をフランス語へと訳す作業に助力した。ワーグナーとヴェルディは、ニュイッテルが翻訳した台本の質の高さに敬意を表したという。

台本作家の他、パリ・オペラ座アーキビストとしても活躍したニュイッテルは、1899年脳梗塞を起こして数日間苦しんだ後に死去した。

主な作品(共作を含む)[編集]

オペラ・オペレッタ[編集]

  • Bavard et Bavarde1862年、オッフェンバック作曲)
  • Il signor Fagotto1863年、オッフェンバック作曲)
  • Les bavards1863年、オッフェンバック作曲)
  • Les fées du Rhin (1864年、オッフェンバック作曲)
  • Vert-Vert1865年、オッフェンバック作曲)
  • Boule de neige1871年、オッフェンバック作曲)
  • Whittington1874年、オッフェンバック作曲)
  • Maître Péronilla1878年、ルコック作曲)

バレエ[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 本名はTruinetといい、Nuitterはそのアナグラムである。
  2. ^ Gressel V. Charles Nuitter : des scènes parisiennes à la bibliothèque de l'Opéra. Website of enssibs (Ecole Nationale Supérieure des Sciences de l'Information et des Bibliothèques), accessed 28 October 2008.