アレクサンドル・シャルル・ルコック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクサンドル・シャルル・ルコック
Alexandre Charles Lecocq
}
基本情報
出生 1832年6月3日
フランスの旗 フランス王国パリ
死没 1918年10月24日(満86歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
ジャンル オペレッタ
職業 作曲家

アレクサンドル・シャルル・ルコックAlexandre Charles Lecocq, 1832年6月3日 - 1918年10月24日)はフランスオペレッタ作曲家パリ出身。1849年パリ音楽院への入学が許可されるが、すでに玄人はだしのピアニストであった。音楽院ではジャック・フロマンタル・アレヴィらに師事し、1850年和声で首席、1852年にはフーガで第2位を獲得。ジャック・オッフェンバックが主催したオペレッタ作曲コンクールにおいて、ビゼーと第1位を分かち合ったことによって最初の注目を集める。

ルコックのオペレッタ《ミラクル博士 Le Docteur miracle》は、1857年にレ・ブッフ・パリジャン座で上演され、その後ルコックは頻繁に劇場作品を作曲し続けるが、1868年に百夜にわたって連続公演が行われた《茶の花 Fleur de the》までは、特筆に価する作品は作曲していない。《百人のおとめ Les Cent Vierges》(1872年)も好意を持って迎えられたが、《アンゴ夫人の娘 La Fille de Madame Angot》(1873年パリおよびロンドン)が400日間連続公演が行われると、それまでの成功をすっかり霞めてしまった。それ以来この作品は、非常な人気を保っている。

1873年よりルコックは、大量のコミック・オペラを作曲するが、《アンゴ夫人の娘》の人気に匹敵するほどの作品を作ることはできなかった。ルコックのコミック・オペラのうちで最も出来が良いのは以下の作品である。

  • 《ジロフル=ジロフィア Girofle-Girofia》(1874年パリおよびロンドン)
  • 《サン=ジェルヴェの平原 Les Prés Saint-Gervais》(同上)
  • La Petite Marife》(1875年パリ、1876年ロンドン、イギリスでは1897年に「紅の羽 The Scarlet Feather」の名で再演)
  • 《小公子 Le Petit Duc》(1876年パリおよびロンドン)
  • La Petite Mademoiselle》(1879年パリ、1880年ロンドン)
  • Le Jour ella Nuit》(1881年パリ、英題「マノラ Manola」1882年ロンドン)
  • Le Canir ci la main》(1882年パリ、英題「お忍びの御婦人 Incognita」1883年ロンドン)
  • 《カナリア諸島の姫君たち La Princesse des Canaries》(1883年パリ、英題「ペピータ Pepita」1882年ロンドン)

1899年にはバレエ音楽《白鳥 Le Cygne》がパリのオペラ=コミック座で、1903年には《イェッタ Yetta 》がブリュッセルで上演されている。

日本では、《アンゴ夫人の娘》が浅草オペラのレパートリーに入っていた。

外部リンク[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed (1911). Encyclopædia Britannica (11 ed.). Cambridge University Press.