シャハブ3 (ミサイル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャハブ3
Shahab-3.svg
種類 中距離弾道ミサイル (MRBM)
原開発国 イランの旗 イラン
運用史
配備期間 2003~
配備先 イラン
開発史
開発者 1.2m
派生型 B/C/D

シャハブ3シャハーブ3[1]ペルシア語: شهاب-۳Shahab-3)はイラン中距離弾道ミサイル朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のノドンを元に開発されたとみられる[2]

概要[編集]

シャハブという名称は流星を意味する。1段式の液体燃料ロケットで、全長16m、射程は1300kmから1700km、760kgから1000kgのペイロード重量をもつと考えられてきたが[3]、改良型の最大射程は約2000kmに達し、イスラエルを射程に収めると発表されている[4]

1998年7月に最初の試射が行われており、その後、実戦配備されたと見られる。1998年以降の試射は2000年7月、2003年6月2004年8月11日(発表は翌日)、2008年7月9日

運用国[編集]

脚注[編集]