ザッツ・オール・ライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザッツ・オールライト (That's All Right)」は、ブルース歌手アーサー・クルーダップが書き、最初に演奏した楽曲。エルヴィス・プレスリーが最初に吹き込み、サン・レコードでからリリースされたシングルとして広く知られている。プレスリーのバージョンは、1954年7月5日に録音され、同じく7月19日に「ブルー・ムーン・オブ・ケンタッキー」をB面にしてリリースされた[1]2010年の「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」において、113位となった[2]。「ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・グレイテスト・ギター・ソングス100」では、37位にランクインした[3]

クルーダップによる録音[編集]

この曲は、アーサー・"ビッグ・ボーイ"・クルーダップが書き、自ら1946年9月6日シカゴで「ザッツ・オール・ライト (That's All Right)」として最初に録音した。歌詞の一部は、ブラインド・レモン・ジェファーソン1926年に録音を残した伝統的なブルースの歌詞を流用している[4]。クルーダップの録音は、RCAビクターから RCA Victor 20-2205 としてリリースされたが、それまでの作品に比べ、売れ行きは芳しくなかった。最初の吹き込みを行なった録音セッションにおいて、クルーダップは、ほとんど同じ曲を、歌詞を少し変えて歌っていたが、そちらも「I Don't Know It」と題し、RCA Victor 20-2307 としてシングル・リリースされた。1949年3月はじめ、この曲は「ザッツ・オール・ライト・ママ(That's All Right, Mama)」という曲名でリリースされた (RCA Victor 50-0000) が、これは当時の新しい規格であった45回転シングルでリリースされた最初のリズム・アンド・ブルースのレコードで[5][6]、明るいオレンジ色のヴァイナル盤であった[7]

プレスリーによる録音[編集]

1953年の夏(7月18日ではないかとされている)エルヴィスは最初のアテセート盤を録音するためにサン・レコードを訪れた。順番待ちをしている際に受付のマリオン・キースカーに「あなたはどんな歌が歌えるの?」と聞かれ「僕は何でも歌えます」と答え、さらに「誰に似ているの?」と聞かれ「僕は誰にも似ていません」と答えたという。 母親へのプレゼントのために録音したいとエルヴィスは語り、3ドル98セントプラス税金を支払い録音を行った。 録音を聞いたエルヴィスは「ひどい、誰かがバケツのふたを叩いているみたいに聞こえる[8]」と言ったという。 「マイ・ハピネス」と「心のうずくとき」を歌い、録音を終えるとマリオン・キースカーはエルヴィスの住所と、プレスリー一家の階下に住むラビの電話番号(エルヴィスの家には電話がなかった)と「バラードが上手い青年」というメモを残す。 後にエルヴィスは「自分の声がどんな風に聞こえるか知りたかったんだ」と回想している。 この最初のアテセート盤は長い間所在が不明だったが、1988年8月元クラスメイトだったエドワード・リードが所有していることを名乗り出る。エルヴィスの家にはレコードプレーヤがなかったため彼の家で聴いたものがそのままになっていた。[9]

エルヴィスは1954年1月に2枚目のアテセート盤を作るために再びサン・レコードを訪れ、「アイル・ネヴァー・スタンド・イン・ユア・ウェイ」と「イット・ウドゥント・ビー・ザ・セイム・ウィザウト・ユー」を録音している。 この時にサン・レコードのオーナーであるサム・フィリップスに出会っている。この2枚目のアセテート盤も1993年に発見された。 この2枚のアテセート盤に録音された曲は「サンライズ」や「エルヴィス・プレスリー・コンプリート・シングル・コレクション」などで聞くことが出来る。

1954年6月、ナッシュヴィルの音楽出版社ピア・ミュージックから「ウィザウト・ユー」という曲のデモレコードを受け取ったサム・フィリップスはデモを歌った歌手を突き止められず(無名の黒人少年だったという[10])マリオン・キースカーはエルヴィスなら歌えるのではないかと進言してエルヴィスに連絡を取ることになり、26日にエルヴィスをスタジオに呼んだ。この時エルヴィスは電話を終えるとすぐに走ってきたという。 スタジオで「ウィザウト・ユー」とその他何曲か歌ったものの上手くいかず録音は断念される。 しかしサム・フィリップスはエルヴィスがいいものを持っているという印象を受け、スコティ・ムーアに電話して有望な歌手がいると言い名前と電話番号を教える。 7月3日土曜日にスコティ・ムーアはエルヴィスへ電話をかけサン・レコードのタレント・スカウトだがオーディションを受けないかと言い、4日にエルヴィスはスコティ・ムーアの家を訪ねオーディションを受けた。この時ビル・ブラックも様子を見に来ている。 そして7月5日にサン・レコードでエルヴィス、スコティ、ビルの3人によるセッションが行われることになった。 「ハーバー・ライト」や「アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ」を歌った後コーラを飲みながら休憩を取ることになった。 その休憩中にエルヴィスはふざけてギターを叩きながらこのザッツ・オールライトを歌いだし、スコティとビルもそれに合わせて即興で演奏していたところ(スコティとビルは演奏していなかったとの説もある)、サム・フィリップスが入ってきて「今のは何だ?」と聞くと彼らは「わからない」と答えた。 「今のをもう一度やってくれ」とサムに指示されこの曲が録音され、シングルリリースが決まった。 6日にB面の曲を録音するために再び集まりここでもエルヴィス達はふざけまわった末、ビル・ブラックがファルセットでブルー・ムーン・オブ・ケンタッキーを歌いだしそのままB面の曲に決まった。 サンでの最初のセッションが終わると、サム・フィリップスはすぐにアセテートのデモ・レコードを作りWHBQのDJのデューイ・フィリップスと、WMPSのアンクル・リチャード、WHHMのスリーピー・アイド・ジョン・レプリーに届けた。 7月10日の午後9時30分ごろデューイ・フィリップス(サムの友人で兄弟などではない)は「レッド・ホット・アンド・ブルー」という番組でエルヴィスノザッツ・オールライトをかけたところ大反響を呼び、リクエストの電報が14通、電話が47本寄せられ番組が終わるまでに7回(14回という説もある)かけ、急遽エルヴィスにインタビューを行うことになり映画館にいたところを友人親族に発見され(自分の歌がラジオから流れるのが恥ずかしかったという)黒人ではないことをリスナーに知らせるためヒュームズハイスクールの出身であることを明かした。[11] 7月19日にリリースされるとメンフィスのチャートで3位まで上昇した。

エルヴィスはアーサー・クルーダップについて、1976年に「これがあなたの目標だったんですか?これほどまでになれると思っていましたか?」と質問された際に 「目標があったとしたらアーサー・クルーダップのような存在になることだった。1949年、彼を観た時にあんなふうに演りたいと思ったんだ」と答えている。 [12]

脚注[編集]

  1. ^ Elvis Presley records "That’s All Right (Mama)"”. History.com. 2010年7月6日閲覧。
  2. ^ "The Rolling Stone 500 Greatest Songs of All Time" Rolling Stone magazine, #963, December 9, 2004. on scribd.com. Accessed March 31, 2011.
  3. ^ [1]
  4. ^ Francis Davis, The History of the Blues: The Roots, the Music, the People, p,122
  5. ^ What Was The First Rock'n'Roll Record. Faber and Faber. (1992). pp. 201. ISBN 0-571-12939-0. 
  6. ^ Elvis: His Life from A to Z. Outlet. (1992). pp. 479. ISBN 978-0-517-06634-8. 
  7. ^ Dawson, Jim, and Steve Propes, What Was The First Rock 'n' Roll Record ? (Faber and Faber, 1992), ISBN 0-571-12939-0
  8. ^ デイヴ・マーシュ著 エルヴィス49P
  9. ^ 東理夫著 エルヴィス・プレスリー 世界を変えた男
  10. ^ デイヴ・マーシュ著 エルヴィス 55P
  11. ^ ザ・キング・オブ・ロックン・ロール コンプリート50’sマスターズ 67P
  12. ^ エルヴィスとは誰か 20の"キング"伝説 132P