サーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーグ・パニール

サーグヒンディー語सागウルドゥー語ساگ英語Saag)とは、ホウレンソウカラシの葉など青菜、およびそのような葉菜を用いたカレー料理のことである。インドパキスタンでは、ローティーナンといったパンと共に食される。ホウレンソウやカラシナ以外の葉菜類を用いることもあり、また味・香り付けのための香辛料などが加えられる。サーグワーラー(Sāgwālā:「青菜の(料理)」)とも呼ばれる。

インド料理レストランなどでは、チーズの一種パニール(硬めの豆腐で代用可)をさいの目に切って揚げたものが具材として加えられた「サーグ・パニール」(Sāg panīr)である。この料理は、特にインド北部パンジャーブ地方で多く食されており、トウモロコシを挽いた粉から作られる黄色いマッキー・ディ・ローティー(makki di rōtī)と共に食べられることが多い。

ホウレンソウとパニールでできたカレーは「パーラク・パニール」(pālak panīr、ヒンディー語: पालक पनीर、ウルドゥー語:پالک پنیر)と呼ばれる。羊肉が入れば「サーグ・ゴーシュト」(Sāg gōsht、ウルドゥー語:ساگ گوشت)または「パーラク・ゴーシュト」(pālak gōsht、ウルドゥー語:پالک گوشت)となる。通常この羊肉は他の材料と混ぜる前にタンドールで焼いてある。パニールや羊肉の代わりに角切りのジャガイモが入ればサーグ・アールー(sāg ālū)またはパーラク・アールー(pālak ālū)と呼ばれる。