サムナー・ウェルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サムナー・ウェルズ

ベンジャミン・サムナー・ウェルズ(Benjamin Sumner Welles, 1892年10月14日 - 1961年9月24日)は、アメリカ合衆国外交官政治家フランクリン・ルーズベルト政権下の1937年から1943年までアメリカ合衆国国務次官を務めた。

生い立ちと家族[編集]

1892年10月14日、ウェルズはニューヨーク州ニューヨークにおいて、ベンジャミン・ウェルズ (Benjamin Welles) とフランシス・ワイエス・スワン (Frances Wyeth Swan) の息子として誕生した。ウェルズは富裕な環境で育ち、ハーバード大学に入学した。ウェルズはハーバード大学においてフランクリン・ルーズベルトと知り合い、親しい関係になった。ウェルズは1914年にハーバード大学を首席で卒業した。

1915年4月14日、ウェルズはエスター・スレイター (Esther Slater) と結婚した。2人は1923年に離婚したが、2人の間には2人の息子が生まれた。息子の1人はウェルズの伝記を執筆した。

ウェルズはその後、マティルド・タウンゼンド (Mathilde Townsend) と結婚したが、1949年8月に死別した。ウェルズは1952年6月8日にハリエット・アップルトン・ポスト (Harriet Appleton Post) と再婚した。

外交官として[編集]

1914年、ウェルズはルーズベルトの助言により、国務省外交部に入省した。ウェルズは日本東京での職務を割り当てられた。ウェルズはラテンアメリカに関心を持ち、1919年アルゼンチンに派遣された。ウェルズはスペイン語を流暢に話すことができるようになり、ラテンアメリカの複雑な政治を素早く学習した。ウェルズはキューバおよびハイチの情勢を緊密に観察した。

キューバが政治的に不安定であった1920年ウッドロウ・ウィルソン大統領はウェルズをキューバへと派遣した。ウェルズは「いかなる方法であろうと最も適切に」情勢を安定させることを要求され、ハバナに滞在して秩序維持に努めた。ウェルズはキューバの経済的困窮を緩和するため、新たな通商条約の締結を提案した。

1922年、ウェルズは共和党の高関税政策や官僚組織の非効率さに憤慨し、国務省を辞職した。ウェルズはより収入のある銀行業に従事した。

1924年国務長官チャールズ・エヴァンズ・ヒューズはウェルズを呼び戻し、アメリカ軍の軍事占領下にあったドミニカ共和国担当の特別委員として任命した。ウェルズは経済統制の失敗によりアメリカ軍が撤退した1926年までドミニカ共和国担当特別委員を務めた。

ルーズベルト政権[編集]

1932年、ウェルズはその年の大統領選挙においてフランクリン・ルーズベルトを支援した。ルーズベルトは大統領当選後、ラテンアメリカの情勢についての顧問としてウェルズを起用した。1933年4月、ルーズベルトはウェルズを国務次官補に任命し、中南米に対して善隣外交を積極的に展開した。ウェルズは1933年5月に駐キューバ大使となったが、政府内では悪評が立った。その後キューバにおいてクーデターが発生し、後継の政権でウェルズの大使職が承認されなかったため、同年12月、ウェルズは駐キューバ大使を退任した。合衆国に帰国したウェルズは再び国務次官補に就任し、1937年国務次官に昇進した。ウェルズは1943年まで同職を務めた。

参考文献[編集]

  • Michael J. Devine. "Welles, Sumner"; in American National Biography Online (Feb. 2000) online
  • Gellman, Irwin F. Secret Affairs: Franklin Roosevelt, Cordell Hull, and Sumner Welles. Johns Hopkins U. Pr., 1995. 499 pp.
  • Welles, Benjamin (1997-11-01). Sumner Welles: Fdr's Global Strategist : A Biography (Franklin and Eleanor Roosevelt Institute Series on Diplomatic and Economic History) (Hardcover ed.). St. Martin's Press. ISBN 0-312-17440-3 EAN: 9780312174408.  scholarly study by his son

キューバーでの活動に関する文献:

  • Fuentes, Norberto (2004). La Autobiografia De Fidel Castro. Mexico D.F: Editorial Planeta. ISBN 84-233-3604-2, ISBN 970-749-001-2. 
  • Gonzalez, Servando (2002). The Secret Fidel Castro: Deconstructing the Symbol. U.S.: Spooks Books. ISBN 0-9711391-0-5, ISBN 0-9711391-1-3. 
  • Kapcia, A. (2002). “The Siege of the Hotel Nacional, Cuba, 1933: A Reassessment”. Journal of Latin American Studies: 283–309. 
  • Lazo, Mario (1968). Dagger in the heart: American policy failures in Cuba. New York: Twin Circle. 
  • Phillips, R Hart (1935). Cuban side show (2nd edition ed.). Havana: Cuban Press. ASIN: B000860P60. 
  • Phillips, R Hart (1959). Cuba, Island of Paradox. New York, NY: McDowell Obolensky. ASIN: B0007E0OAU. 
  • Thomas, Hugh (April, 1998). Cuba or the Pursuit of Freedom (Updated Paperback edition ed.). Da Capo Press. ISBN 0-306-80827-7. 

ウェルズ自身による著作物:

  • Welles, Sumner (1944). The time for decision. Harper & Brothers. ASIN B0006AQB0M. 
  • Welles, Sumner (1972). Naboth's Vineyard: The Dominican Republic, 1844-1924. Arno Press. ISBN 0-405-04596-4. 

外部リンク[編集]

公職
先代:
ハリー・フランク・グッゲンハイム
在キューバアメリカ合衆国特命全権大使
1933年5月11日 - 1933年12月13日
次代:
ジェファーソン・キャフェリー
先代:
ウィリアム・フィリップス
アメリカ合衆国国務次官
1937年5月21日 - 1943年9月30日
次代:
エドワード・ステティニアス