サマン・ソーチャトロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サマン・ソーチャトロン
基本情報
本名 Saman Sriprated
階級 ライトフライ級
身長 160cm
国籍 タイ王国の旗 タイ
誕生日 1969年8月2日(44歳)
出身地 タイ王国の旗 タイ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 55
勝ち 46
KO勝ち 35
敗け 8
引き分け 1
テンプレートを表示

サマン・ソーチャトロンSaman Sorjaturong1969年8月2日 - )は、タイ出身の元プロボクサーで、元WBCIBF世界ライトフライ級王者。WBC王座は10度の防衛に成功した。軽量級だが、強打が持ち味であった。ナコンルアン・ボクシングプロモーション所属。タイのプロボクサーで初の統一世界王者

来歴[編集]

1989年12月24日、プロデビュー。

1993年1月18日、タイミニマム級王座獲得。

1993年7月3日、世界初挑戦。敵地でWBC世界ストロー級王者リカルド・ロペスメキシコ)に挑むが、2回TKO負け。その後、1階級上のライトフライ級に転向。

1995年7月15日、世界再挑戦。アメリカロサンゼルスでWBC・IBF統一世界ライトフライ級王者ウンベルト・ゴンザレス(メキシコ)に挑む。ダウン応酬の大激戦となり、6回にはあわやKO負けというところまで追い詰められる(この回終了後、レフェリーから「次の回でストップする」との予告も受けた)。しかし、迎えた7回、「捨て身」とも言える猛攻で逆襲に転じ、王者の顔面に右の強打を叩き込みダウンを奪う。流血で顔を赤く染めながら辛くも立ち上がった王者に対し、さらなる追撃を浴びせレフェリーストップ。この瞬間、30戦目にして世界王者に輝いた。

11月に初防衛成功後、IBF王座を返上。以降はWBC王者として通算10度の防衛に成功する(9度目の防衛戦では日本のリングに初登場。5度目の防衛戦の相手だった八尋史朗を4回TKOで返り討ちにする)。

1999年10月17日、11度目の防衛戦。敵地で崔堯三韓国)と対戦し、12回判定負け。4年あまり保持した世界王座を明け渡した。

2001年1月30日、雪辱・世界王座返り咲きを懸け崔に再挑戦するも7RKOで返り討ち。

2002年2月2日、後楽園ホールで1年ぶりの再起戦。田中光輝とノンタイトル戦を行い、3回TKO勝ちを収めた。その後、4月12日に再起第2戦を行うも10回判定負け。以降、3年間試合から遠ざかる。

2005年2月22日、3年ぶりの復帰戦。WBCの下部組織であるABCOスーパーフライ級暫定王者デビッド・ナコンルアンプロモーション(タイ)に挑むが、4回TKO負け。

2005年6月20日、日本で3度目の試合。後楽園ホールで亀田興毅と対戦し、初回KO負け。この試合を最後に引退した。

戦績[編集]

  • 46勝(35KO)8敗1分

獲得タイトル[編集]

  • WBC世界ライトフライ級
  • IBF世界ライトフライ級

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ウンベルト・ゴンザレス
第20代WBC世界ライトフライ級王者

1995年7月15日 - 1999年10月17日

次王者
崔堯三
前王者
ウンベルト・ゴンザレス
第7代IBF世界ライトフライ級王者

1995年7月15日 - 1995年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
マイケル・カルバハル