サイモン・マン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・マン
Simon Mann
Simon Mann.jpg
サイモン・マン
生誕 1952年6月26日(62歳)
イングランドの旗 イングランドアルダーショット
所属組織 Flag of the British Army.svgイギリス陸軍
スコッツガーズSAS
軍歴 1972-1985
北アイルランド問題
湾岸戦争
最終階級 UK Army OF2-2.png 大尉[1]
除隊後 複数の民間軍事会社で働いた後、
サンドライン・インターナショナルを設立
テンプレートを表示

サイモン・フランシス・マン(Simon Francis Mann, 1952年6月26日 - )はイギリス人の傭兵で元イギリス陸軍軍人。

経歴[編集]

アルダーショットの裕福な家庭に生まれる。父はクリケットイングランド代表ジョージ・マン英語版イートン校を卒業後、サンドハースト王立陸軍士官学校に入学。スコッツガーズに配属されるが、SASに志願。キプロス、北アイルランド、ドイツ、ノルウェーなどで任務につき、1985年に軍を退役。予備役として湾岸戦争にも関与する。

その後、コンピューターセキュリティ業界を経てヘリテージ・オイル社社長トニー・バッキンガムの下で油田開発事業に参加し、アンゴラ解放人民運動政権下のアンゴラにてアンゴラ全面独立民族同盟に奪われていた油田を奪還するための傭兵として戦う。

起業[編集]

その後、民間軍事会社エグゼクティブ・アウトカムズ」の役員となり、後に友人の軍士官ティム・スパイサーと共に民間軍事会社「サンドライン・インターナショナル英語版」を設立。シエラレオネの内戦に関与した他、パプアニューギニア政府に雇われブーゲンビル島の反乱を鎮圧する。1997年、引退し南アフリカ共和国へ移住。近所にはスペンサー伯爵マーク・サッチャー英語版マーガレット・サッチャーの息子)などのイギリス上流階級の邸宅が立ち並んでいた。

クーデター未遂事件[編集]

2004年、ジンバブエで傭兵仲間のニック・ドゥトワらと赤道ギニアのクーデターを計画した。話を持ちかけたのは南アフリカのケープタウンに在住していたマーク・サッチャーやイーライ・カリルらイギリスの財界人であり、テオドロ・オビアン・ンゲマを失脚させ、セヴェロ・モトによる新政権を樹立させる計画だった。

マンは自身の会社ロゴ・ロジスティック社名義で登録したボーイング727を用意して64人の作戦要員と共に赤道ギニアに入国し、赤道ギニアで武器を調達していたドゥトワら15人と合流しクーデターを決行する計画だった。しかし南アフリカから情報がリークされ、ジンバブエのハラレ空港に到着したところ、治安部隊に包囲されクーデター容疑で逮捕された。また、このリークにはフランス諜報部が関わっていると言われている。


マンは法廷にて34年の刑を受けたが2009年に恩赦により釈放[2]を受けた。マーク・サッチャーが資金援助に加わったとされる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Simon Mann | Military Speakers
  2. ^ Haroon Siddique and Giles Tremlett (2009年11月2日). “British coup plot mercenary Simon Mann has been pardoned”. London: ガーディアン. http://www.guardian.co.uk/world/2009/nov/02/simon-mann-pardoned-equatorial-guinea 2009年11月2日閲覧。 
  3. ^ Russell Miller (2008年6月8日). “Mark Thatcher: Man on the run”. London: サンデー・タイムズ. http://www.timesonline.co.uk/tol/news/politics/article4066733.ece 2008年6月17日閲覧. "in January 2005 Thatcher pled guilty in South Africa, after a plea bargain, to "unwittingly" abetting the coup. He was fined 3 million rand (£266,000), given a suspended four-year jail term, and obliged to leave South Africa, his home for a decade."