ゴンドウクジラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴンドウクジラ
PilotWhale.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
: マイルカ科 Delphininae
和名
ゴンドウクジラ
英名
pilot whale

ゴンドウクジラ(巨頭鯨)は、クジラ類ハクジラ亜目マイルカ科に含まれる小型のクジラの一群。

狭義にはゴンドウクジラ属のこと。広義には、ゴンドウクジラ亜科の全5属とシャチ亜科の2属中1属が含まれる。広義のゴンドウクジラは単系統ではなく、分岐学的にはあまり適当な分類法ではない。

特徴[編集]

体長2-5メートル。(イルカ以外の)クジラとしては最も小型で、まれにイルカとされることもある。頭部は丸く、他のマイルカ科のイルカと違い口吻の突出はほとんどない。は各列15本以内と、クジラ類にしては少ない。

実質的にマイルカ科の一部を形態の共通点に基づいて、慣例としてゴンドウクジラと呼んでいるに過ぎず、遺伝子的にはマイルカ科の他のイルカとは顕著な違いは見られない。また、飼育下において、ハナゴンドウオキゴンドウハンドウイルカとの間に交雑個体を作ったことがある。

ゴンドウクジラの中でも近縁のシャチオキゴンドウの二種は海洋哺乳類やマグロなどの大型魚を食べる。

シャチは一般的にはゴンドウクジラに入れられないが、オキゴンドウと近縁である事実と、イルカではなくクジラとして扱われる慣例から、図鑑等の書籍ではゴンドウクジラの仲間として掲載される事が多い。

マゴンドウ、シオゴンドウ(タッパナガ)はコビレゴンドウと同種とされる。

産業[編集]

一部の種は捕鯨の対象となる。小型で捕獲が容易であることから、捕鯨の発達初期から捕獲対象であった。現在は、デンマーク領のフェロー諸島日本和歌山県沖などで捕獲が行われている。うち日本では、2005年には、小型捕鯨や追い込み漁などにより各種合計で572頭が捕獲された。

分類[編集]

6属8種。